ムーラン・ド・デュアール 2018(シャトー・デュアール・ミロン・ロートシルト)

ムーラン・ド・デュアール 2018(シャトー・デュアール・ミロン・ロートシルト)

格付け4級シャトー・デュアール・ミロン・ロートシルトのセカンドラベルで86年から生産が開始されました。ムーランとはかつてカリュアドの丘にあった風車に由来しています。例年、カベルネ・ソーヴィニヨン55-60%,メルロー40-45%をブレンドし2年樽で10ヶ月間の熟...

“グラッタマッコ・ビアンコ” ボルゲリ・ヴェルメンティーノ2019 (グラッタマッコ)

“グラッタマッコ・ビアンコ” ボルゲリ・ヴェルメンティーノ2019 (グラッタマッコ)

<ワインについて>日本におけるイタリアワインの第一人者である故 「内藤 和雄」氏が、「グラッタマッコ」を知らないのは、 ワインセールスの機会損失だ!と言わしめた逸品。トスカーナ州ボルゲリ地区の中で、サッシカイアに次ぐ歴史を持っており、標高の高いエリ...

シャトー・ラグランジュ2019

シャトー・ラグランジュ2019

2018年に続く偉大な、グランミレジム!サン・ジュリアン村のテロワールを存分に表現し、更なるステージに進む2019年!! ...

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール2019 (ドメーヌ・アンヌ・フランソワーズ・グロ)

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール2019 (ドメーヌ・アンヌ・フランソワーズ・グロ)

ポマール村の平地の自社の区画(1936年まで村名ポマールであった区画含む)とその近隣の畑の買いブドウから造られる非常に贅沢なACブルゴーニュです。新樽10%で15ヶ月熟成。このワインの魅力は果実味で、樽熟成によるバニラのニュアンスも感じられる非常に上品な味わい...

シャトー・レヴァンジル2019

シャトー・レヴァンジル2019

1990年にDBR(ラフィット)が取得したシャトーで、ポムロールを代表する十シャトーのひとつと評されます。ポムロールとサン・テミリオンの境界に位置しており、砂利混じりの粘土・砂質土壌に22haの畑を所有しています。醸造はラフィットの技術責任者エリック コレール...

シャトー・デュアール・ミロン・ロートシルト 2019

シャトー・デュアール・ミロン・ロートシルト 2019

メドック格付け4級。カステジャ家が所有していたこのシャトーを1962年にロスチャイルド家が取得。当時は僅か17haの畑のみでしたが、ブドウの植樹や新しい醸造所の増築を通して品質改善が行われました。 ラフィットと同じ技術責任者エリック コレールの厳格な管理の下...

ヴォーヌ・ロマネ・レ・ヴィオレット2019 (ドメーヌ・クリスチャン・クレルジェ)

ヴォーヌ・ロマネ・レ・ヴィオレット2019 (ドメーヌ・クリスチャン・クレルジェ)

「レ ヴィオレット」はクロ ヴージョに隣接する村名畑。樹齢70年超えの古樹のブドウ。樽で18ヶ月熟成(新樽率25%)。 重厚感ある複雑な香り。ビロードのようになめらかなテクスチャーで、いきいきとしたエネルギーを感じる力強さと深みがある気品あるワイン。 ...

シャトー・ラグランジュ2016 375ml(ハーフボトル)

シャトー・ラグランジュ2016 375ml(ハーフボトル)

カベルネ・ソーヴィニヨンの収穫が過去最も遅い記録となった歴史に残るグランミレジム!!◆ワインの味わい(テイスティングコメント)異例尽くしの気候が育んだ破格の品質。暖冬ながら豪雨で始まった2016年は、 ...

シャトー・ラグランジュ2015

シャトー・ラグランジュ2015

市場が待ち焦がれた5年ぶりのグランミレジム!!◆ワインの味わい(テイスティングコメント)市場が待ち焦がれた5年ぶりのグランミレジム。1-3月と平年を下回る寒い冬で芽吹きは一週間ほど遅れましたが、4月は ...

シャトー・ラグランジュ2012

シャトー・ラグランジュ2012

市場が待ち焦がれた5年ぶりのグランミレジム!!◆ワインの味わい(テイスティングコメント)市場が待ち焦がれた5年ぶりのグランミレジム。1-3月と平年を下回る寒い冬で芽吹きは一週間ほど遅れましたが、4月は ...

シャトー・ラグランジュ2018

シャトー・ラグランジュ2018

2016年を彷彿させる、グランミレジム!まさに偉大なサン・ジュリアン村のテロワールが存分に表現された2018年!!◆ワインの味わい(テイスティングコメント)2、3月は気温が低く、萌芽は平年より一週間遅 ...

レ・フィエフ・ド・ラグランジュ2018 (シャトー・ラグランジュ)

レ・フィエフ・ド・ラグランジュ2018 (シャトー・ラグランジュ)

シャトー ラグランジュのセカンドワイン。収穫は手摘みで行い、ステンレスタンクで15-25日間発酵後、新樽を25%使用して樽熟成を行います。 深みのある赤色で、ブラックカラント、スパイス、タバコ、チョコレートの香りを感じ、肉厚で長い余韻が楽しめるワインです。...

レ・フィエフ・ド・ラグランジュ2011 (シャトー・ラグランジュ)

レ・フィエフ・ド・ラグランジュ2011 (シャトー・ラグランジュ)

シャトー・ラグランジュのセカンドワイン。収穫は手摘みで行 い、ステンレスタンクで15-25日間発酵後、新樽を25%使 用して樽熟成を行います。深みのある赤色で、ブラックカラ ント、スパイス、タバコ、チョコレートの香りを感じ、肉厚で長 い余韻が楽しめるワインで...

レ・フィエフ・ド・ラグランジュ2015 (シャトー・ラグランジュ)

レ・フィエフ・ド・ラグランジュ2015 (シャトー・ラグランジュ)

シャトー ラグランジュのセカンドワイン。収穫は手摘みで行い、ステンレスタンクで15-25日間発酵後、新樽を25%使用して樽熟成を行います。 深みのある赤色で、ブラックカラント、スパイス、タバコ、チョコレートの香りを感じ、肉厚で長い余韻が楽しめるワインです。...

レ・ザルム・ド・ラグランジュ 2018 (シャトー・ラグランジュ)

レ・ザルム・ド・ラグランジュ 2018 (シャトー・ラグランジュ)

柑橘やハーブの香り高い厚みのある白ワイン◆ワインの味わい(テイスティングコメント)格付け3級シャトー・ラグランジュの白ワイン。レ・ザルムとはラグランジュの池の畔に咲く「オランダかいう」という白い花を意 柑橘やハーブ...

レ・フルール・デュ・ラック2018 (シャトー・ラグランジュ)

レ・フルール・デュ・ラック2018 (シャトー・ラグランジュ)

レ・ザルム・ド・ラグランジュのセカンドワイン。厚みと酸味のバランスが良く、程よいボリューム感のある辛口の白ワインです。新世代ボルドー辛口のお手本となるような”トラディショナル&モダン”スタイルの白ワイン。 洗練された、刺激的すぎない酸をバランス良く...

レ・フィエフ・ド・ラグランジュ2019 (シャトー・ラグランジュ)

レ・フィエフ・ド・ラグランジュ2019 (シャトー・ラグランジュ)

メドック格付け3級シャトー ラグランジュのセカンドラベル。深みのある赤色で、ブラックカラント、スパイス、タバコ、チョコレートの香りを感じ、肉厚で長い余韻が楽しめるワインです。 ...

ル・オー・メドック・ド・ラグランジュ 2016

ル・オー・メドック・ド・ラグランジュ 2016

シャトー・ラグランジュの新しい挑戦、ル・オー・メドック・ド・ラグランジュ。華やかな香り立ち、スグリや赤いさくらんぼを思わせる柔らかな香りやフレッシュハーブを連想させる心地良い香りがあります。素直な凝縮感とピュアな果実味を持つ、ほど良い厚みのワイン...

カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト2019 (シャトー・ラフィット・ロートシルト)

カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト2019 (シャトー・ラフィット・ロートシルト)

ラフィット最良のブドウ畑カリュアドの区画の比較的若い樹齢のブドウから造られ、ラフィットよりもメルロ比率が高め。カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ主体に、この年は5%のフランをブレンド。熟したカシスやラベンダー、いきいきとした赤い果実の香りも。ひきしま...

カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト2018 (シャトー・ラフィット・ロートシルト)

カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト2018 (シャトー・ラフィット・ロートシルト)

ラフィット最良のブドウ畑カリュアドの区画の比較的若い樹齢のブドウから造られ、ラフィットよりもメルロ比率が高め。カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ主体に、この年は5%のフランをブレンド。熟したカシスやラベンダー、いきいきとした赤い果実の香りも。ひきしま...

シャトー・リューセック 2018 ハーフ

シャトー・リューセック 2018 ハーフ

1984年にラフィット=DBR社(ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト)が取得。以降大きく品質が向上し、5大ソーテルヌに入る程、人気を博しています。厳しい収量制限と長期熟成、妥協しない造りはラフィットに通じる信念です。芳醇で力強く、アプリコットや柑橘系のア...

カルム・ ド・リューセック 2018 (シャトー・リューセック)

カルム・ ド・リューセック 2018 (シャトー・リューセック)

ソーテルヌ グラン クリュ第1級。シャトー リューセックのセカンドワインで、2002年がファーストヴィンテージです。 畑はシャトー ディケムの隣にあり、ブドウ畑は93ha。カルムはシャトー リューセックと同じ醸造、熟成の後選別されたもの。 華やかで白い花を思わせ...

エシェゾー・アン・オルヴォ2019 (ドメーヌ・クリスチャン・クレルジェ)

エシェゾー・アン・オルヴォ2019 (ドメーヌ・クリスチャン・クレルジェ)

グランクリュ「エシェゾー」の中の「アン・オルヴォ」区画で、樹齢70年超えの古樹のブドウから造られる逸品。濃い紫色。野イチゴやラズベリーなどの果実にスパイスや モカのニュアンスを持ったアロマ。骨格がしっかりしており、凝縮した密度といきいきとした緊張感を...

シャトー・カントナック・ブラウン2019

シャトー・カントナック・ブラウン2019

19世紀にスコットランド出身の動物画家ジョン ルーイス ブラウンが所有者になった事で歴史は幕を開けました。近年オーナーとなったトリスタン ル ルースによりさらなる品質向上のための取組が進んでいます。 アルコール発酵はステンレスタンクにて、マロラクティック...

シャトー・モン・ペラ・ブラン2019

シャトー・モン・ペラ・ブラン2019

著名評論家から高い評価を受けているあのシャトー モンペラの白ワイン。トロピカルフルーツのような華やかな香りとすっきりした爽やかな飲み口。同シャトーの赤ワインと同様に親しみやすく楽しみやすいワインに仕上がっています。 ...

エール・ダルジャン2019 (シャトー・ムートン・ロートシルト)

エール・ダルジャン2019 (シャトー・ムートン・ロートシルト)

メドック格付け1級ムートン ロートシルトが造る辛口白ワイン。同敷地内に広がる4haの砂礫質土壌にSE57%、SB42%、ミュスカデル1%を栽培し、収穫直後に圧搾。SEとSBは50%新樽で発酵を行い、シュールリーの状態で樽熟成を施します。年間生産量は約1万本。ソーヴィニヨン...

レ・パゴド・ド・コス・ブラン2019 (シャトー・コス・デストゥールネル)

レ・パゴド・ド・コス・ブラン2019 (シャトー・コス・デストゥールネル)

グラン クリュ2級シャトー コス デス トゥールネルのセカンドワイン「パゴド」はシャトーのシンボルとなっている東洋風の塔(パゴダ)に由来。2018年が初ヴィンテージ。熟成には樽を使用し、その間バトナージュも行います。いきいきとした柑橘やオレンジの花の香りに加...

シャトー・ベイシュヴェル2019

シャトー・ベイシュヴェル2019

メドック格付け4級のシャトー。その美しさから「メドックのベルサイユ宮殿」とも掲揚されます。ガロンヌ河が運んだ砂利質土壌に90haの畑を所有。伝統的な手法で醸造を行い、新樽比率60%で熟成を施します。グラスに注ぐとクレーム ド カシスやブルーベリージャム、火...

シャトー・ディッサン2019

シャトー・ディッサン2019

中世のボルドーがギュイエンヌ州と呼ばれ、イギリス領であった時代(12世紀)の文献にも登場する程由緒正しきシャトー。その後幾多の所有者の変遷を経て1855年には名誉ある第3級の格付けを得るに至りました。所有する30haの畑ではAOCマルゴーに適した品種を栽培してい...

シャトー・ピション・バロン2019

シャトー・ピション・バロン2019

メドック格付け2級。。1980年代後半所有者が代わり、ランシュ バージュのジャン ミッシェル カーズが栽培、醸造を監督するようになり、品質が向上しました。力強いワインが生み出されています。 70ha、作付け比率はCS70%、ME25%、CF5%。ロングヴィル ラランドと道を...

PAGE TOP
お問合せ

お問合せ

06-6345-6544
営業時間
12:00〜18:30
土・日・祝日休み
cave-online@cave-sgn.ne.jp