クール便推奨について
 
                                                                                    
シャトー・ピション・バロン2019

シャトー・ピション・バロン2019

メドック格付け2級。1980年代後半所有者が代わり、ランシュ バージュのジャン ミッシェル カーズが栽培、醸造を監督するようになり、品質が向上しました。力強いワインが生み出されています。 70ha、作付け比率はCS70%、ME25%、CF5%。ロングヴィル ラランドと道を挟...

ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト2019 (シャトー・ムートン・ロートシルト)

ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト2019 (シャトー・ムートン・ロートシルト)

1973年、唯一1級への昇格を果たしたシャトー・ムートン・ロートシルトのセカンドラベル。ムートンは長い間セカンドラベルを生産していませんでしたが、1993年からこのプティ・ムートンをリリース。黒系果実やチョコレート、コーヒーの濃厚な香り。口 に含むと非常に...

カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト2019 (シャトー・ラフィット・ロートシルト)

カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト2019 (シャトー・ラフィット・ロートシルト)

ラフィット最良のブドウ畑カリュアドの区画の比較的若い樹齢のブドウから造られ、ラフィットよりもメルロ比率が高め。カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ主体に、この年は5%のフランをブレンド。熟したカシスやラベンダー、いきいきとした赤い果実の香りも。ひきしま...

ムーラン・ド・デュアール 2018(シャトー・デュアール・ミロン・ロートシルト)

ムーラン・ド・デュアール 2018(シャトー・デュアール・ミロン・ロートシルト)

格付け4級シャトー・デュアール・ミロン・ロートシルトのセカンドラベルで86年から生産が開始されました。ムーランとはかつてカリュアドの丘にあった風車に由来しています。例年、カベルネ・ソーヴィニヨン55-60%,メルロー40-45%をブレンドし2年樽で10ヶ月間の熟...

シャトー・デュアール・ミロン・ロートシルト 2019

シャトー・デュアール・ミロン・ロートシルト 2019

メドック格付け4級。カステジャ家が所有していたこのシャトーを1962年にロスチャイルド家が取得。当時は僅か17haの畑のみでしたが、ブドウの植樹や新しい醸造所の増築を通して品質改善が行われました。 ラフィットと同じ技術責任者エリック コレールの厳格な管理の下...

カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト2018 (シャトー・ラフィット・ロートシルト)

カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト2018 (シャトー・ラフィット・ロートシルト)

ラフィット最良のブドウ畑カリュアドの区画の比較的若い樹齢のブドウから造られ、ラフィットよりもメルロ比率が高め。カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ主体に、この年は5%のフランをブレンド。熟したカシスやラベンダー、いきいきとした赤い果実の香りも。ひきしま...

シャトー・ポンテ・カネ2019

シャトー・ポンテ・カネ2019

メドック格付け5級。1705年にジャン・フランソワ・ド・ポンテ氏がポイヤックに土地を購入。後に「カネ」と呼ばれる区画を購入し、彼自身の名前を付け加え、ポンテ カネと呼ばれるようになりました。 メドックの格付けシャトーの中でもいち早くビオディナミ農法を取り...

パヴィヨン・デュ・ラック・ポーイヤック 2018 (ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト)

パヴィヨン・デュ・ラック・ポーイヤック 2018 (ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト)

2018年はポーイヤックの非常に素晴らしいヴィンテージ。冬から春には雨が多かったものの、2003年以来の熱い夏となり、大きく生育が改善されました。昼夜の気温差も大きく、ブドウがよく凝縮し、糖と酸のバランスも最適なものとなりました。ラフィット ロートシルトと...

PAGE TOP
お問合せ

お問合せ

06-6345-6544
営業時間
12:00〜18:30
土・日・祝日休み
cave-online@cave-sgn.ne.jp