毎月20日はワインの日
 
                                                                               
テッレ・カサーリ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ2022 (キューザ・グランデ )

テッレ・カサーリ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ2022 (キューザ・グランデ )

ピュアな果実味を見事に表現◆ワインの味わい(テイスティングコメント)アブルッツォ州のワイン生産地でもやや山寄りの所、グラン・サッソ山の麓に位置するワイナリー。ビオロジック認証も受け、自然との共存を目指 ...

ボルドー・ロゼ2021 (シャトー・ド・ルーケット)

ボルドー・ロゼ2021 (シャトー・ド・ルーケット)

シャトーの歴史は1740年まで遡り、1962年にダリエ家7代目ギィがシャトーを取得。ギィの長男フィリップはボルドー大学醸造学部教授でもあり、シャトーの品質責任者。栽培、醸造はギィの次男ジャン クリストフが担当。 カベルネ ソーヴィニヨンメインで造られ、製法は...

“リリウム”ロッソ・ディ・トスカーナ・コヴェルノ 2020 (メリーニ)

“リリウム”ロッソ・ディ・トスカーナ・コヴェルノ 2020 (メリーニ)

【ワインについて】 トスカーナで300年以上の歴史を誇るメリーニ社。ブドウの一部を陰干しし、発酵したワインに加えてゆっくりと再発酵させる、トスカーナの伝統手法ゴヴェルノ方式を現代の技術で再現。フレッシュさの中に干しブドウの香りがあり、タンニンも滑...

ドリー ブランコ 2022 (アデガマイン)

ドリー ブランコ 2022 (アデガマイン)

ポルトガルを代表する醸造家アンセルモ メンデスと若手のディオゴ・ロペスが醸造。ドリーは鱈漁で使う伝統的な船の名に由来。土着品種と国際品種の絶妙なブレンド。繊細でエレガント、グレープフルーツや白桃の香り。まるで海の塩味を思わせるような風味を感じさせる...

オーシエール・セレクション2022 (ドメーヌ・ド・オーシエール)

オーシエール・セレクション2022 (ドメーヌ・ド・オーシエール)

ローマ時代からブドウ造りが行われるオーシエールをシャトー ラフィット ロートシルトを筆頭とするドメーヌ バロン ド ロートシルト(DBR)が1999年から所有。 ラングドックの伝統にDBRが培ってきたボルドーの伝統を融合させたワイン造り。シラー30%、マルスラン25%、...

オーシエール・シャルドネ 2022 (ドメーヌ・ド・ オーシエール)

オーシエール・シャルドネ 2022 (ドメーヌ・ド・ オーシエール)

ローマ時代からブドウ造りが行われるオーシエールをシャトー ラフィット ロートシルトを筆頭とするドメーヌ バロン ド ロートシルト(DBR)が1999年から所有。 ラングドックの伝統にドメーヌ バロン ド ロートシルトが培ってきたボルドーの伝統を融合させたワイン造り...

“フラテッリ・コスモ” プロセッコ・エクストラ・ドライNV (ベッレンダ)

“フラテッリ・コスモ” プロセッコ・エクストラ・ドライNV (ベッレンダ)

繊細でビーズのような泡。リンゴ、桃、藤の花のはっきりとした香り。滑らかでフルーティな味わいでありながら、しっかりとした骨格を感じる、エレガントなスプマンテです。 ほのかに甘みがあるエクストラドライで、口当たりがよく、ワイン好きの方はもちろん、普段ワ...

プティット・シレーヌ2016

プティット・シレーヌ2016

マルゴーの第3級格付けシャトー、ジスクールの醸造チームが造るデイリーラインで、ジスクールの現代性と古典的味わいがリーズナブルな価格で楽しめます。 赤果のベリー系果実の味わいと酸味、タンニンのバランスが絶妙にとれた気軽に楽しめるボルドーワインです。 こ...

フーグル グリューナーフェルトリーナー クラシック 2021 (フーグル ヴィンマー)

フーグル グリューナーフェルトリーナー クラシック 2021 (フーグル ヴィンマー)

いきいきとした果実味を残すために低温発酵を施し、ステンレスタンクで熟成。 白い花のようなフローラルな香りに、柑橘系果実やグレープフルーツの心地よいアロマと、トロピカルフルーツや品種由来の白コショウを思わせる印象。果実味に溢れ、エレガントでみずみずし...

バディオラ IGP トスカーナ2020 (マッツェイ フォンテルートリ)

バディオラ IGP トスカーナ2020 (マッツェイ フォンテルートリ)

1435年より24代に渡りキャンティ・クラシコでワイン生産を行うマッツェイ家。赤いベリー系の香りにシルクのようなしなやかさ、アロマティックで果実味溢れる味わい。親しみやすく気軽に楽しめるワインです。 ...

ヴァン ド ペイ デュ ヴァル ド ロワール ソーヴィニヨン ブラン2021 (ドメーヌ デ カール)

ヴァン ド ペイ デュ ヴァル ド ロワール ソーヴィニヨン ブラン2021 (ドメーヌ デ カール)

2007年にセドリック、ヴェロニック夫妻がドメーヌを取得し、その後の改革を通して品質を大幅に向上させました。 ロワール河下流に位置し、海洋性気候特有の温暖な冬や夏場の十分な日照時間に恵まれています。特長的なのはワインにグラ(厚み)を与えるため、熟成中にル...

“クルード”ビアンコ 2022 (マーレ・マンニュム)

“クルード”ビアンコ 2022 (マーレ・マンニュム)

タコのラベルがインパクトのあるオーガニックワイン。トロピカルフルーツ、ニワトコの花、そしてシトラスの香り。味わいはパイナップルやマンゴーを思わせる熟した果実味が感じられる、フレッシュでフルーティなワインです。食前酒として、また、魚を使ったサラダや...

ラポストール ル ロゼ2020 (ラポストール)

ラポストール ル ロゼ2020 (ラポストール)

ラポストールは1994年グランマルニエの創業者のひ孫が創設したワイナリーで、フランスでのワイン造りの経験を活かしながら、チリのテロワールを表現しています。 サンソー、シラーなどの南仏品種からフレッシュな味わいを大切にするためステンレスタンクで醸したロゼ...

カベルネ ソーヴィニヨン 2019 (スティムソン・エステート・セラーズ)

カベルネ ソーヴィニヨン 2019 (スティムソン・エステート・セラーズ)

シャトー・サンミッシェルのエントリーワイン。シャトー・サンミッシェルの祖にして、ワシントン州の豊かな農業文化を切り拓いたバロン・フレデリック・スティムソンへの敬意を込めてつくられました。赤い果実に、トースト、ナツメグなどのスパイスの香り。バランス...

ブラゾン・ド・オーシエール2019 (ドメーヌ・ド・オーシエール)

ブラゾン・ド・オーシエール2019 (ドメーヌ・ド・オーシエール)

すき焼きの主役、牛肉、甘じょっぱい割り下の風味となめらかな口当たりで凝縮感のある果実味がベストマッチ。南仏らしい涼やかさとエレガントを兼ね備えた深みのある味わいはすき焼きの濃い風味や割り下に絡んだ春菊とよく合います。 ...

プロトス・ロブレ2020 (ボデガス・プロトス)

プロトス・ロブレ2020 (ボデガス・プロトス)

設立当初「ボデガス・リベラ・デル・ドゥエロ」と名乗っていたプロトス、スペインのワイン法が設立される際その名称をDOに譲渡。以来プロトス(ギリシャ語でNo.1の意)と名乗っています。ロブレは樹齢25年未満のブドウを使用。フレッシュな果実味、甘いスパイス、トー...

“モンティパガーノ”モンテプルチアーノ・ダブルッツォ2021 (ウマニ・ロンキ)

“モンティパガーノ”モンテプルチアーノ・ダブルッツォ2021 (ウマニ・ロンキ)

ウマニ・ロンキ社はマルケ州を代表する1955年設 立の老舗ワイナリー。有機農法で栽培されたブドウを使用。フレッシュなイチゴやベリー類の濃厚な香りと適度な酸味とやわらかなタンニンが魅力のワインです。 ...

ピノ・ノワール 2022 (フランソワ・ラベ)

ピノ・ノワール 2022 (フランソワ・ラベ)

クロ ド ヴージョ最大の所有者シャトー ド ラ トゥールのオーナー、フランソワ ラベがコルシカ島で造るワイン。幼年期からこの地を訪れたフランソワは何時かはこの地でワイン造りをと夢見て2009年に実現。 コルシカ島東側のプルネリ ディ フィウモルボの村の畑のブド...

ラポストール・ソーヴィニヨン・ブラン2022 (ラポストール)

ラポストール・ソーヴィニヨン・ブラン2022 (ラポストール)

チリの名門、ラポストールが造るこの白ワインはボルドー・ブランがお好きな方に是非お勧めしたい1本です。淡い黄色、凝縮感のある印象で白桃や黄桃、シトラスの香り。フレッシュながら丸みがあり、のびやかな酸を兼ね備えているので、エビのマリネ、野菜を添えた白身...

グリッロ 2022 (レ・カゼマッテ)

グリッロ 2022 (レ・カゼマッテ)

魚介類との相性抜群な爽やかなシチリア白ワイン◆ワインの味わい(テイスティングコメント)シチリア島北東部のメッシーナ丘陵に位置するワイナリー。ビオロジック農法(有機栽培)を採用。りんごのような凝縮感の味わい。 ...

ヴィッラ マルチェッロ プロセッコ ロゼ ブリュット ミレジマート2021 (マッツェイ ヴィッラ マルチェッロ) 

ヴィッラ マルチェッロ プロセッコ ロゼ ブリュット ミレジマート2021 (マッツェイ ヴィッラ マルチェッロ) 

19世紀にエリザベッタ ガルヴァーニ オニゴがブドウを植樹。彼女の子孫でヴェニスの歴史で重要な役割を果たしたマルチェロ家が所有、息子でマッツェイ家25代目にあたるジョヴァンニ マッツェイが指揮を執ります。 海抜25メートルのシルト質と粘土質の土壌でできるブ...

ビオンタ アルバリーニョ2022 (ビオンタ)

ビオンタ アルバリーニョ2022 (ビオンタ)

熟したりんごや白桃を思わせる香り。口にいれるとみずみずしくフレッシュな第一印象。すっきりとした辛口でキレのある酸。海辺の生産地らしいミネラルの塩っぽい味わいも楽しいワインです。 ...

コート・デュ・ローヌ・ルージュ・レゼルヴ2020 (ファミーユ・JM・カーズ)

コート・デュ・ローヌ・ルージュ・レゼルヴ2020 (ファミーユ・JM・カーズ)

ランシュ・バージュを有するカーズ家新たにコート デュ ローヌで始めたワイン。2006年にシャトーヌフのドメーヌ デ セネショーを取得してから培ってきたワイン造りの叡智が込められています。 GCMブレンド。ステンレスとコンクリートタンクで醸しを行った後、大樽(フ...

サンタムール2021 (ジョルジュ・デュブッフ )

サンタムール2021 (ジョルジュ・デュブッフ )

ジョルジュ・デュブッフはボジョレーワインを世界に広めた立役者で、400種類にも及ぶワインの香りをかぎ分けたとも言われる偉人です。これは、高品質なボジョレーを産み出すクリュ・ボジョレーと呼ばれる10村のうちのひとつで、「聖なる愛」という名のワイン。桃やア...

エトナ ロッソ2021 (ムルゴ)

エトナ ロッソ2021 (ムルゴ)

シチリア島北東部エトナ近郊でブドウ栽培を行うムルゴ。ワイン造りの歴史は古く1800年代に遡ります。火山性土壌とエトナ山麓の冷涼な気候を生かした個性あるワインが造られています。 温度管理(28-29度)をしながらタンクでマセラシオン発酵(7-8日)。ワインは6-8ヶ月...

キュヴェ・ド・レギュイエ 2020(ドメーヌ・レリス・マジエール)

キュヴェ・ド・レギュイエ 2020(ドメーヌ・レリス・マジエール)

フランスで19世紀後半から一番多く栽培されたブドウ品種。限りなく自然に近いヴァン・ナチュール造りに励んでいます。半分は手摘み収穫、残りは機械で収穫されたブドウを使用。とても香り豊かで優しく、柔らかな仕上がり。長い余韻も楽しめます。数年の熟成も期待で...

シャトー ラリヴォ  2013

シャトー ラリヴォ 2013

1580年より同じファミリーが所有している歴史あるシャトーです。畑では殺虫剤や防腐剤は使用しない他、軽量ボトルを使用するなど環境に配慮したワイン造りを実践しています。チャーミングな果実味でほどよいタンニンが楽しめるワインです。 ...

ジゾラ2020 (マッツェイ・ジゾラ)

ジゾラ2020 (マッツェイ・ジゾラ)

ジゾラは2003年よりマッツェイ家が所有。シチリアの土着品種ネロ・ダヴォラでエレガンスを追求し造られたワイン。海洋性のミクロクリマのある畑で、昔ながらの伝統的な技法で大切にブドウを育てました。美しい酸がワインの骨格を支え、森のベリー系果実を思わせる温...

ジゾラ・アジーザ2022 (マッツェイ・ジゾラ)

ジゾラ・アジーザ2022 (マッツェイ・ジゾラ)

1435年より24代に渡りキャンティ・クラシコでワイン生産を行うマッツェイ家がシチリア州で2003年に取得したワイナリー。白い花や柑橘のようなアロマティックでイキイキとした香りが楽しめます。白身魚にレモンを絞って一緒にどうぞ! ...

ソーヴィニヨン・ブラン・フリウリ2022 (レ・モンデ)

ソーヴィニヨン・ブラン・フリウリ2022 (レ・モンデ)

イタリアの評価誌で何度も最高賞を受賞しているワイナリーです。フローラルなアロマ、トロピカルフルーツや桃の香りが広がります。口当たりはフレッシュかつなめらかなので、ついついグラスが進んでしまうワインです。 ...

PAGE TOP
お問合せ

お問合せ

06-6345-6544
営業時間
12:00〜18:30
土・日・祝日休み
cave-online@cave-sgn.ne.jp