• ワインと人と響きあう
  • 長野県産&新潟県産マスカット・ベリーA飲み比べ3本セット
  • 注目の塩尻ワイナリーのワインが当たるプレゼントキャンペーン実施中
  • 篠田ワイナリー長が語る塩尻ワイナリーセミナー
  • コート・ド・ニュイの華、ミュジニーの名門 コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ 2013年ヴィンテージ
  • 2017年サクラアワード受賞白ワイン5本セット
  • 食卓で太陽を感じるシシリアン5本セット
  • サクラアワード2017 受賞ワイン
 

IWANOHARA VINEYARD
岩の原葡萄園

Winery & Wine makers
ワイナリーとワインメーカーたち

日本ワインの発展にその生涯をささげた川上善兵衛と、
マスカット・ベーリーAのふるさと岩の原葡萄園

妙高連山のすそ野がなだらかに日本海に接する「越後・頸城(くびき)平野」。
その頸城平野にあり、かつて城下町として栄えた新潟県上越市に岩の原葡萄園はあります。
この葡萄園の歴史は、1890年(明治23年)創業者川上善兵衛が自宅の庭園に鍬を入れ、
葡萄園をつくったところから始まりました。

以来120年以上にわたり、善兵衛がぶどうとワインにかけた情熱を引き継ぎ、
高品質の日本ワインをつくりだすための努力を惜しむことなく続けています。

岩の原葡萄園のこだわり

川上善兵衛

豪雪の地でワインづくりに賭けた男“川上善兵衛”

日本のワインぶどうの父と呼ばれる岩の原葡萄園創業者「川上善兵衛」は、地元地域の発展を常に考え、そして1890年(明治23年)に岩の原葡萄園を開設します。その後、本格的なワインづくりを追求し続け、当地の気候風土に適したぶどうを求め品種改良に挑み、1万311回の品種交雑を行いその中から「マスカット・ベーリーA」をはじめとする優良22品種を世に送り出しました。以来、そのぶどうも世の中に知れ渡り現在では多くのワイン愛好家によって飲まれています。

岩の原葡萄園の125年

1868 慶応 4 年
川上善兵衛、越後高田に50ヘクタールの土地を持つ、大地主の6代目として生まれる。
1890 明治23年
川上善兵衛、岩の原葡萄園を開設。
1893 明治26年
初めてぶどう酒5石(約1KL)余りを醸造、酸味が強く失敗。
1895 明治28年
ワインの醸造兼熟成庫として「第一号石蔵」竣工(現在、国登録有形文化財)
1898 明治31年
雪による冷却庫を併設した「第二号石蔵」竣工(現在、上越市指定文化財)
1902 明治35年
皇太子殿下(後の大正天皇)ご一行岩の原葡萄園へ行啓。
1922 大正11年
メンデルの遺伝法をぶどうに応用、品種の改良を始める。品種交雑により、生涯約10,000株もの新品種育成。
1927 昭和 2 年
マスカット・ベーリーA 誕生。
1933 昭和 8 年
川上善兵衛、「葡萄全書」全3巻刊行。
1934 昭和 9 年
「寿屋」(現サントリー)との共同出資で、株式会社岩の原葡萄園となる。
1941 昭和18年
日本農学会より論文「交配に依るぶどう品種の育成」に対し、最高位の「日本農学賞」が授与される。(民間人初)
1944 昭和19年
急性肺炎により、川上善兵衛 76歳でその生涯を終える。※この間、菊水印純粋葡萄酒として、「マタロ」・「チャンピオン」・「リースリング」「岩の原ワイン」等を独自の販売ルートで世に送り続ける。
1976 昭和51年
岩の原ワイン特約店を設け、本格的に流通チャネルで販売開始。
2005 平成17年
ワイン熟成庫「第2号石蔵」の冷房のため、雪室を復活再建。
2009 平成21年
第7回国産ワインコンクール国内改良等品種赤ワイン部門において、「マスカット・ベーリーA 2007」が金賞及び最優秀カテゴリー賞受賞(銀賞・銅賞も同時受賞)
2015 平成27年
日本ワインコンクール 2015 国内改良等品種赤ワイン部門において、「ヘリテイジ 2013」が金賞及び部門最高賞受賞、「マスカット・ベーリーA 2013」が同部門で金賞受賞。全体で8品目受賞(過去最多受賞)

日本ワインメーカーたち

  • 岩の原葡萄園 製造部部長
    上村 宏一

    交雑No.3986 雪深い岩の原葡萄園で生まれたマスカット・ベーリーA、この樹と共にこの地で醸すワインたち、この1本に詰めたまごころを、素敵にマリアージュさせてください。

  • 岩の原葡萄園 栽培技師長
    建入 一夫

    川上善兵衛翁はなぜ「岩だらけ」「北斜面」「豪雪地」でぶどうづくりを行ったのか?その答え、善兵衛の「人助け」の思いは今岩の原でつくられるワインのテロワールとなって現われています。
    是非ご来園いただきそれを感じてください。

岩の原葡萄園 おすすめワイン

岩の原葡萄園シリーズの商品をみる
TOP