• ワインと人と響きあう
  • ヤルンバワイシリーズyourwine6本セット
  • 魚料理に合う白ワイン4本セット
  • オーストラリア最古の家族経営ワイナリー ヤルンバプレゼントキャンペーン
  • 内藤ソムリエと利く 日常に楽しめる極上イタリア白ワイン5本セット
  • Amazonログイン&ペイメントを導入しました
  • ワインをもっと楽しむために ワインセラーのある暮らし
  • ボルドーの頂点が造る メーヌ・バロン・ド・ロートシルト お値打ちワイン6本セット
 
9月10日(土) ヴェネトの銘酒アマローネを知る特別セミナー実施

9月10日(土)、イタリア食材・ワイン専門の輸入業者、モンテ物産が営業するイタリアンショップPicco(ピッコ)に隣接するテストキッチン会場にて、イタリア・ヴェネト州を代表する銘酒「アマローネ」のテイスティングセミナーを実施致しました。

当日は、アマローネの名門ベルターニ社の営業部長ステファノ・マンジャロッティ氏が来日。ベルターニ社の歴史とアマローネワインの醸造方法等について詳しく

参加者のほとんどがイタリア訪問経験があり、普段よりイタリアワインに親しまれているというイタリアワイン愛好者の皆さまとあって、後半には色々な質問も飛び交いました。その一部始終をレポートいたします!

ベルターニ社の歴史

創業者のベルターニ兄弟は、ヴェローナがオーストリアに占領されていた、1850年から1857年の間、フランスのブルゴーニュ地方に亡命していました。当時のフランスは、世界で最もワイン造りの研究が進んでおり、 ベルターニ兄弟は農学博士のグイヨー氏に師事し、当時の最も先進的な畑の管理方法を学びました。
1857年、ベルターニ兄弟は、故郷ヴェローナに帰国し、培った知識と経験を基にベルターニ社を設立。そして1860年、当時では画期的な辛口ワイン『“セッコ・ベルターニ” ヴァルポリチェッラ・ヴァルパンテーナ』をリリースしました。

1868年、ベルターニ社はワインを、ヨーロッパ諸国だけでなく、アメリカへも輸出し始めました。その時、ベルターニ社が、世界にイタリアワインの品質の高さを証明する手段として、サヴォイア王家から、王家の紋章をワインボトルに記してもよいという許可を得ました。
今でもこの紋章は、“セッコ・ベルターニ”のラベルに記されています

イタリアで瓶にボトリングをしたのはこのベルターニ社が初。輸出をしたのもイタリア初、との事で、ヴェローナのというよりはイタリアを代表する高級ワイン生産者といえます。
ヴェローナで有名な3つのものとして【ロミオ&ジュリエット】【野外オペラ】と並んでこの【ベルターニ社】があげられるそうです。

ワインテイスティング

当日は、白ワイン2種と赤ワイン4種を順番にテイスティング。
それぞれのワインの産地的特長、醸造的特長に加え、味わいの特長と相性の合うお料理等を、実際にワインをテイスティングしながらお伝えいただきました。

ソアーヴェの歴史とベルターニ社

イタリアワインの中でも、ソアーヴァは特長的な白ワインとして、1930年代から認識されていました。
特にベルターニ社のソアーヴェは、その代表として世界中に知られている存在でした。  

…かつてローマの詩人、トリルッサはこのワインを讃え、詩に下記のように綴っています。
“ベルターニ社のソアーヴェを飲む時、私は昨日のことも明日のことも考えない”  

また、それを証明する事柄として、1937年のイギリス国王ジョージ6世の戴冠式での昼食時にベルターニ社のソアーヴェが提供された事が挙げられます。
※ジョージ6世は第83回アカデミー賞作品賞を受賞した「英国王のスピーチ」の主人公。

ソアーヴェ セレ オーレ 2015 (ベルターニ)
イタリアを代表する白の食中酒

ベルターニを代表するスタンダードなソアーヴェ。
14〜16℃で温度管理されたステンレスタンクでアルコール発酵。ステンレスタンクで、シュール・リーの状態で約4ヶ月間熟成。
麦わら色がかった淡いイエロー。白い花や洋ナシ、アプリコットを思わせる爽やかで甘い香り。ミネラル豊富で、すっきりとしたドライな口当たり。
軽いパスタやお魚料理には最高に相性の良いワインです。

地域:ヴェローナ東部一帯(モンテフォルテ・ダルポーネ地区)
土壌:凝灰岩

ブドウ品種
ガルガーネガ80%
トレッビアーノ・ディ・ソアーヴェ10%
シャルドネ10% 

ソアーヴェ セレ オーレ 2015 (ベルターニ)
クリーミーでふくよかな上級ソアーヴェ

“セレオーレ”とはヴェローナの方言で“サクラの木”の意味。
この畑の周りにサクラの木がたくさん植えられていることに由来します。
単一畑“セレオーレ”の畑から厳選した完熟ブドウを、約7℃低温でソフトプレス。75HLのフレンチオークの発酵槽で約16℃でアルコール発酵後、そのままシュール・リーで約6ヶ月熟成。
3ヶ月の瓶内熟成。黄金色の輝きのある麦わら色。ニワトコや洋ナシの香りが感じられ、その後、アプリコットやパイナップル、メロンなど黄色果実の熟した甘い香りが豊かに広がる。まろやかでバランスのとれた味わい。
前菜、スープ、白身魚の料理とは相性抜群です!

地域:ソアーヴェ・クラッシコ地区モンテ・トンド(コムーネ・ディ・ソアーヴェとコムーネ・ディ・モンテフォルテ・ダルポーネの間)にあるクリュ“セレオーレ”
土壌:凝灰岩

ブドウ品種
ガルガーネガ100%

ベルターニ社で最も歴史の長いワイン、“セッコ・ベルターニ”は発売当初のリパッソ工程を含まない製法へと生まれ変わりました。
これにより、D.O.C.規制に縛られず、より自由な醸造方法が可能となりました。
一方、近年人気が高まっている「リパッソワイン」のカテゴリーのトップを目指して、新たに『ヴァルポリチェッラ・リパッソ』を新発売することとなりました。

“セッコ・ベルターニ” ヴェローナ 2013 (ベルターニ)
ベルターニが誇る素直で正直なワイン

コルヴィーナは10月第1週目に収穫。メルローは木の上で完熟させ、15日かけて自然な「アパッシメント」(ブドウを乾燥させること)状態にする。除梗・破砕後、ステンレスタンクで約15日間平均22〜26℃で発酵させる。マロラクティック発酵の後、2つのブドウをブレンド。スラヴォニアンオークの樽(25HL)とフレンチオークの小樽(7.5HL)で12ヶ月熟成。
紫がかった濃厚な赤。熟したチェリーやブルーベリージャムの香りがまず感じられ、次第にチョコレートやナッツ、アロマティックなハーブの香りも感じられる。口当たりは丸くシルクのようになめらか。やわらかいタンニンと良質な酸のバランスは完璧で、長く続く心地よい後味はまさに「ベルターニ・スタイル」の典型と言える味わい。
マンジャロッティ氏いわく、毎日飲みたいワイン。お肉料理全般と相性が良いでしょう。

地域:ヴァルポリチェッラ・ヴァルパンテーナ地区
土壌:泥灰土を含む石灰岩質土壌。鉄、マンガンを多く含む

ブドウ品種
コルヴィーナ・ヴェロネーゼ80%
メルロー20%

ヴァルポリチェッラ・リパッソ2013 (ベルターニ)
香りはアマローネ。心地よい果実味が印象的

ブドウは9月末に手摘みで収穫。背が低く直径が広い特製のステンレスタンクを使用し、20〜22℃で約2週間一次発酵させます。3月にアマローネの搾り滓の上で再発酵させます(リパッソ製法)。フレンチオークの750Lの木樽で9ヶ月熟成。
スミレ色がかった濃厚な赤紫。ブラックベリー、黒スグリ、熟したチェリーの香り。凝縮した赤い果実の甘い香りが特長的。フルボディで丸みのある口当たり。旨みのある余韻が長く続きます。
気軽にアマローネの雰囲気を楽しめる逸品です。
お肉料理全般と相性が良いでしょう。

地域:ヴァルポリチェッラ・ヴァルパンテーナ地区、ヴァルポリチェッラ・クラッシコ地区の丘陵地
土壌:大部分は石灰質泥灰土。一部は火山灰土壌。いずれも鉄分を豊富に含む。

ブドウ品種
コルヴィーナ・ヴェロネーゼ85%
メルロー10%
ロンディネッラ5%

アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・ヴァルパンテーナ 2013(ベルターニ)
エレガントな酒質のシルキーアマローネ

9月半ばに、最良の畑のブドウ樹から最も良い果実を厳選して手摘みで収穫。プラスチックの箱の上で約4ヶ月間陰干しを行う。この間、不良果実は随時、間引いていく。翌年1月中旬に最初4〜5℃で、最終的には22℃まで温度を上げながらゆっくりマセラシオン・アルコール発酵を行う。その結果、高いアルコール度数とグリセリンが生成され、ワインにエレガントさとまろやかさを与える。その後、25HLのスラヴォニア産オーク樽と一部バリックで約30ヶ月の熟成後6ヶ月以上の瓶内熟成。
紫色がかった輝きのあるルビー色。プラムやラズベリー、スパイスやドライフルーツの香りが複合的に広がる。シルクのようになめらかで、やわらかいタンニンを持つ。
パスタ全般や赤身のお肉料理とは相性抜群です。

地域:ヴァルポリチェッラ・ヴァルパンテーナ地区
土壌:鉄分を豊富に含む石灰質泥灰土と石灰質粘土

ブドウ品種
コルヴィーナ・ヴェロネーゼ80%
メルロー20%

アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ 2007(ベルターニ)
これぞアマローネのクラシック。銘酒です

9月第2週、良質のブドウ果実を丁寧に選別しながら収穫し、スノコの上で約4ヶ月間陰干しを行う。この間、不良果実は随時間引いていく。翌年1月中旬に最初4〜5℃で、最終的には18℃まで温度を上げながらゆっくりマセラシオン・アルコール発酵を約50日以上かけて行う。その結果、高いアルコール度数とグリセリンが生成され、ワインにエレガントさとまろやかさを与える。その後、60〜80HLのスラヴォニア産オーク樽で約6年、12ヶ月以上の瓶内熟成。
深く、濃いガーネット色。独特な熟れたマラスカやサワーチェリー、ドライフルーツ、リコリス(甘草)、スパイスの香り。広がりのある味わい、ジャムのニュアンス、重厚でエレガントなタンニンを持ち、ほのかにバニラのような甘さを感じる。
赤身のお肉料理やハード系チーズとの相性は抜群です。

地域:ヴァルポリチェッラ・クラッシコ地区
土壌:石灰質泥灰土と石灰岩土壌
<ブドウ品種>
コルヴィーナ・ヴェロネーゼ80%
ロンディネッラ20% 
<受賞>
Bibenda : 5グラッポリ 受賞(2016年度版)
Vini d'Italia : 3ビッキエーリ受賞(2016年度版)

アマローネセミナーを終えて

アマローネの歴史と伝統、生産者の情念を感じる事ができた貴重な2時間でした。
自然の陰干しへのこだわり。(自然の陰干しは非常に時間がかかるため、現在ではほとんどのアマローネが人工的に乾燥をしているそうす。)樽熟成6年、瓶熟成1年以上という長期熟成。
いずれも、非常に手間のかかる作業ですが、全ては【伝統を守る】ことと、【その土地らしさを表現する】ことのために行っているそうです。
その答えは、全てワインの中にありました。アマローネ・クラッシコの持つ奥深くもエレガントな味わいは、ボルドーワインにもブルゴーニュワインにも無い、唯一無二の個性であり、何ものにも替えがたい味わいでした。

マンジャロッティ氏いわく、ファーストヴィンテージの1959年のアマローネ・クラッシコは、まだまだ活き活きとしているそうです。いつまでも変わらずフルーティさを維持している魔法のようなワインだ、とも言っていました。
ベルターニ社は、きっとこの先も変わらぬ品質と味わいを届けてくれるでしょう。

【生産者来日記念】 アマローネオリジナルグラス付きボックスセット

今回のセミナー開催を記念しまして、各評価本でも評価の高いアマローネ・クラッシコ2006とベルターニ社がアマローネに合うグラスとして選んだベルターニロゴ入りのオリジナルワイングラス2客をセットにした限定ボックスセットを販売いたします。

<ヴィンテージ情報> 2006年
春は例年並みの降雨量だったが、7月は全く雨が降らなかった。8月20日までは小雨が多く、ブドウ果実の成熟に理想的な状態だった。 収穫時期は良い天候に恵まれ、ブドウ果実は良好な健康状態にて完熟することができた。秋の気候も
よく、気温が低く霧の少なかった初冬のおかげで、ゆっくりとした良質なブドウ果実の陰干しを行うことができた。

<テイスティングコメント> ルビーがかったダークレッドの色調に、驚くほど濃厚な香り。ドライフルーツやプラムのノート。ベリーやフルーツコンポート、リコリス、チョコレート、紅茶の葉などのアロマが全面に出て、リッチなブーケに包まれていく。
複雑さと瑞々しさを強調する要素がたくさん詰まっているヴィンテージ。 口に含むと、好ましい酸、ヴェルヴェットのように柔らかいタンニン、濃厚さが感じられる。2006年は、近いうちに飲んでもずっと先に飲んでも、味わいを十分堪能できるヴィンテージだ。 

各評価本の最高評価を受賞しています。
・ガンベロ・ロッソ:3ビッキエリ
(1997ヴィンテージより、9年連続の最高評価受賞。2002ヴィンテージの製造はなし。)
・ビベンダ:5グラッポリ

TOP