塩尻ワイナリー 塩尻マスカット・ベーリーA ミズナラ樽熟成 2015

参考価格(税抜):¥4,200
web限定価格(税抜) ¥4,200
(税込¥4,620 )

残りあと9個

数量
タイプ 赤 ミディアムボディ
サイズ 750ml
原産地 日本/長野県
ブドウ品種 マスカット・ベーリーA
       

豊かな果実味とミズナラ樽由来の香ばしい香り

◆ワインの味わい(テイスティングコメント)

軽快な酸味とそれに続く自然な甘さ、やわらかい印象とともに、中盤からフォニッシュにかけてしっかりしたタンニンとボリューム感があります。 品種由来のイチゴ様の香りに、ミズナラ樽由来のスモーキーさ、白檀(ビャクダン)のニュアンスが感じられます。
マスカット・ベーリーA由来の華やかな果実味と、ミズナラ樽由来のココナッツの様な香ばしい香りが、心地よく広がる優しい味わいをお愉しみください。

◆日本の樽 ミズナラ樽での樽熟成

  • 画像説明

  • サントリーではウイスキーのための製樽工場を自ら持っているおかげで、日本ならではのミズナラ樽を自ら造ることができ、 ワインを熟成することができました。(但し、樽にすることのできる樹齢百年を越すミズナラの巨木は非常に希少です。)
    そして、私たちは2003年から、様々なぶどう品種のワインと日本の樽としてのミズナラ樽との相性を評価してきました。 その結果、日本固有のぶどう品種「マスカット・ベーリーA」特有の甘い香りと、ミズナラ樽がもつ、 びゃくだんを思わせるオリエンタルな香り、ココナッツ様の香りが一体となって絶妙なバランスを醸しだすことを見出しました。 まさに、日本ワインとしてのスタイルを追求したひとつの答えです。

◆品種

  • 画像説明

  • マスカット・ベーリーA
    1927年交雑(交雑番号 3986)
    「ベーリー♀」×「マスカット・ハンブルグ♂」
    川上善兵衛が生んだ日本を代表する赤ワイン用品種です。 降水量が多い日本の気候にもに適しているため、 日本全国の幅広いエリアで栽培されています。
    実は比較的大きめで、ワインにするとイチゴ様の香りが特徴的な、 軽やかなタイプからどっしりとしたタイプまで様々な味わいのワインに変化します。
    塩尻は、標高約700mに位置し、日照時間が長く、盆地になっているため昼は気温が上がりやすく夜は急激に気温が下がります。 この1日の気温差が大きいので、ぶどうの栽培に向いており、表層は粘土質、土の腐蝕が進んでいるため比較的肥沃な土壌で、 ぶどうは果実の甘さや柔らかさを特長としています。

◆サントリー 塩尻丘ワイナリー

  • 画像説明

  • 長野は山梨と並ぶ日本における二大ワイン産地。 中でもメルロ、マスカット・ベーリーAなど、赤ワイン用ぶどうの品質の高さは格別です。
    この地に1936年開設以来、日本人の嗜好に寄り添って、 「赤玉」をはじめ日本の赤ワインの歴史を切り拓いてきた塩尻ワイナリー。 地元のぶどう農家の方々と手を携え、日本の赤ワインのさらなる可能性を拓く、 “長野県産ぶどう100%”ワインです。
    ぶどう栽培に適した環境に恵まれた信州の地は、火山性の土壌をもち、 特に力強いぶどうを生み出す産地として知られています。
    中でもとりわけ“岩垂原”や“桔梗が原”のテロワールは有名で、 国内外を問わず、高い評価を獲得する赤ワインを続々と世に送り出しています。

 

◆お料理とともに

  • 画像説明

  • マスカット・ベーリーA特有の赤い果実の華やかな香りの後ろに、ハーブ的な土の香り的なニュアンスが存在します。 特にこの塩尻マスカット・ベーリーAはその特長がよく出ていますので、根菜使ったお料理と相性抜群です。
    ごぼうや人参、蓮根、里芋、鶏肉を使って、みりんやしょうゆで甘辛く味付けたお料理に、塩尻マスカット・ベーリーAをお試しください。 根菜のやさしい旨味と甘辛い味付けが、ワインととてもよくマッチします。
    また、日本ならではのぶどうを醸し日本ならではのミズナラ樽で熟成した味わいは、家庭料理の定番、肉じゃがが絶妙にマッチします。 日本の食に日本のワイン。ちょっと趣きのある、心豊かなひとときが楽しめます。

 

◆受賞歴&評価

  • 2016年 日本ワインコンクール(日本)銅賞(2012vin)
    2014年 サクラアワード (日本) 銀賞(2010vin)



※お客様都合による返品は原則として承っておりません。
実店舗と在庫を共有しているため、売り切れる場合がございます。予めご了承下さい。
TOP