ジャパンプレミアム 高山村産シャルドネ 2019

参考価格(税抜):¥4,000
web限定価格(税抜) ¥4,000
(税込¥4,400 )


数量
タイプ 【色】白ワイン 【味わい】辛口
サイズ 750ml
原産地 日本
ブドウ品種 シャルドネ

「芳醇で複雑な香りと凝縮感のある味わい」
サントリージャパンプレミアム
高山村産シャルドネ 2019

ワインの味わい(テイスティングコメント)

伊予柑のような柑橘系の爽やかな香りと、熟した白桃のような甘い香り、さらに樽由来のトースト香も。味わいは、アタックで新鮮な酸味が感じた後、中盤から終盤にかけて自然な果実の甘みが加わり、バランスよく調和します。余韻が長く、厚みとふくらみのある味わいです。

ワインづくりの詳細

長野県上高井郡高山村産のシャルドネを100%使用。
醗酵過程ではマロラクティック醗酵はせず、新鮮な酸味を活かしています。
熟成は、樽とタンクでシュール・リーを行って、複雑で芳醇な香りと凝縮感のある味わいを生み出しています。

「サントリージャパンプレミアム 高山村産シャルドネ」
に込めた想い

「ジャパンプレミアム産地シリーズ」は、日本を代表するワイン用ぶどうの産地で、熱意あるぶどう生産者と手を携えて、それぞれの産地の最適品種で、その土地の個性を引き出した日本ワインです。
この土地では土壌の違う3つの区画のぶどうを使用しています。
それぞれに特長があり、標高約600mの山間の土地からは、非常にボリューム感がありミツのような香りがするシャルドネ。標高約550mの高山村の代表的な土質の区画からは、華やかでフローラルなやさしい味わいのシャルドネ、もうひとつの区画からはバランスの取れた風味のシャルドネ。それぞれの特長を活かすようにアッサンブラージュ(ブレンド)を行なうことで、この高山村の土地のすばらしいポテンシャルを引き出したいと思っています。

高山村(長野)での葡萄栽培について

上高井郡高山村は、長野県の「北信エリア」といわれる北東部に位置する 標高約500-600mの砂礫が堆積した土壌で、水はけ良好。
もともと雨の少ない気候で、山から冷たい風が吹き降ろすため昼夜の気温差が大きく、シャルドネの栽培に向いた気候・風土で、香り高く凝縮した密度の濃い果実を得ることができます。
この地で育てたシャルドネならではの柑橘やミント、あんずや蜂蜜を思わせる豊かな香りが特長です。

TOP