≪在庫限り≫【30%off】ボーヌ・グレーヴ・ヴィーニュ・ド・ランファン・ジェズュ2011(ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス)

参考価格(税抜):¥15,800
web限定価格(税抜) ¥11,000
(税込¥12,100 )

残りあと3個

数量
タイプ 赤 フルボディ
サイズ 750ml
原産地 フランス/ブルゴーニュ地方
ブドウ品種 ピノ・ノワール100%

ニュイのテロワールを忠実に表現したワイン造りを行う造り手

◆ワインの味わい(テイスティングコメント)

  • <17世紀、ルイ13世に世継ぎが生まれず不安が漂っていた頃に、ボーヌの修道女が世継ぎのために祈りを捧げた事により、神託通り翌年「太陽王」ルイ14世が誕生した。>という奇跡の噂から、この修道院に喜捨が殺到、その資金をもとに「幼子イエス」の木像を祀った礼拝堂を建て、同時期にこの修道会に寄進されたブドウ畑がこの畑だったそうです。

    (ラベルはその木像です。)そんな逸話から「幼子イエスの畑」と名付けられたこの区画はブシャール社が単独所有している区画で、数多あるボーヌ1級畑の中でも別格で最良の区画とされています。その味わいは、非常に力強く、魅惑的で独特の個性があります。

    スミレや果実、スパイスの香り。濃密で繊細な風味が口いっぱいに広がり、ビロードの様な舌触りと丸みのある上品な味わいと素晴らしい余韻です。

◆品種

  • ピノ・ノワール100%

◆ワイナリー情報


  • 1731年創業のブルゴーニュを代表する名門ドメーヌです。創業当初より、現在の1級畑にあたる優れた区画を購入し続け。醸造元(ドメーヌ)でもありワイン商(ネゴシアン)でもあるという、今日まで続く会社形態の礎を築きました。現在では、コート・ドールとブーズロンに総面積130ヘクタール。

    内グランクリュが12ヘクタール、プルミエクリュが74ヘクタールという、他の追随を許さぬ大葡萄園主にまで成長しています。また、ボーヌ市街の地下に広がる瓶熟庫には、1846年のムルソーシャルムに始まる、数千本のオールド・ヴィンテージ・ワインが貯蔵されており、世界のワインファンから「ブルゴーニュの博物館」と呼ばれいます。過去、多くの作家や芸術家、ワイン評論家が招かれ、その奇跡のような深みを供されてきました。

    80年代に経営難に陥っていたブシャール家でしたが、それを救ったのが、現在のオーナーでもある、シャンパーニュの名門「アンリオ」のジョセフ・アンリオ氏でした。1995年から新生ブシャールを立ち上げ、畑から醸造、貯蔵、瓶詰めに至るまで、大改革を行いました。その結果、新生ブシャールが目指す「畑の個性がくっきりと表れた」「魅力的な果実味と、洗練されたエレガンスをあわせもつ味わい」のワインが次々と産み出され、現在ではかつて以上の名声を得ています。

◆受賞歴&評価

  • アランメドウズ 92点 「2013/04」



※お客様都合による返品は原則として承っておりません。予めご了承下さい。
TOP