登美の丘ワイナリー 登美 ノーブルドール 2009 【化粧箱入り】

参考価格(税抜):¥50,000
web限定価格(税抜) ¥
(税込¥ )


数量
タイプ 【色】貴腐ワイン 【味わい】甘口
サイズ 750ml
原産地 日本
ブドウ品種 リースリング・イタリコ
  
      

蜜のように甘美で芳醇、贅沢な貴腐ワイン

◆ワインの味わい(テイスティングコメント)

長期熟成による複雑な味わいとともに、ザラメのように焦がした甘い香りと、ドライパイナップルのような爽やかな甘みが感じられます。
口当たりはエレガントで、口中で豊かにふくらみ、ボリューム感のある余韻が長く、そして心地よく続いていきます。 重厚さと気品は、熟成に約8年かけたノーブルドールならではの特長です。
蜜のような甘美さと品種特有の美しい酸味を誇り、類稀なブーケと複雑で深みあるコクをお楽しみいただけます。

◆登美 ノーブルドールに込めた思い

  • 画像説明

  • 自家ぶどう園の中でも最高品質のぶどうだけを使用した、登美の丘ワイナリー最高峰のワインが「登美」です。 さらにこの「ノーブル・ドール(Noble d’Or)」とは「黄金に輝く高貴なるもの」いわゆる貴腐ワインです。2009年の生産本数は僅か1,156本と大変希少なワインです。
    貴腐ワインがなぜ「帝王のワイン・ワインの帝王」とこんなにも珍重されて、高価なのかというと、あらゆる条件を満たした環境で育った貴腐ぶどうからでしか生産できないからです。 貴腐ぶどうは、健全に完熟したぶどう果にボトリティス・シネレアという貴腐菌が付着し、ぶどうの果皮のロウ質に小さな穴をあけ、水分が蒸発して樹上で乾しぶどうのような状態になることを言いますが ほんの一部に貴腐が発生した後、貴腐の進行は非常にゆっくりと進み、じっくりと収穫のタイミングを待つ必要があります。
    乾燥した天候が続くと貴腐菌の繁殖が進みませんので、菌が繁殖できるだけの適度な湿度をもたらす雨も必要です。 但し、湿度が多すぎると真の腐敗に転落してしまい、全滅すると1年におよぶ栽培管理は全くの徒労に終わり、その畑からの収入が全く無くなることになります。 貴腐ぶどうの収穫に挑戦するにはそのリスクに対する覚悟が求められるのです。登美の丘ワイナリーでは自家ぶどう園だからこそ、自らの責任と覚悟の上で貴腐ぶどうの収穫に毎年挑んでいますが、 当然、毎年貴腐ワインが出来る訳ではありません。 そして、さらに、貴腐ワインを完成させるには、醸造工程のノウハウや技術力も要求されます。
    上記の工程を見ただけでも、なぜ貴腐ワインが希少で高価なのかお分かりいただけるのではないでしょうか。 ただ、完成した貴腐ワインは、驚くほど甘美で究極のデザートワインとなり、今までも世界中の多くの人々を虜にしてきました。
      サントリーはこの貴腐ワインの生産を1975年、日本で初めて成功させています。依頼、45年に渡り、この奇跡のワインを造り続けています。

◆品種

  • 画像説明

  • 登美の丘ワイナリー 自園産ぶどうを100%使用。
    使用している品種は、リースリング・イタリコ100%
    2009年は登美の丘ワイナリーの自社畑としてグレイトヴィンテージとなり、リースリング・イタリコにも良質な貴腐果が発生しました。
    萌芽時期も平年並みで、6月までは比較的雨が少なく順調に結実を迎えたものの、7月から降水量が急増して色付きへの影響が心配されましたが、 8月11日から18日間連続して雨が降らないという例外的な好天が訪れたことで順調に生育が進みました。
    9月以降の成熟期も夜温が低く冷涼で少雨な天候が続き、色付きと香りに優れ、糖度が高く凝縮感のあるぶどうを収穫するできました。 その貴腐ぶどうの一粒一粒を大事に摘み集め、手間と時間を惜しまずじっくりと醸造し、熟成させた貴腐ワインです。
    小型の発酵層でじっくりと時間をかけて低温発酵させたその味わいは、貴腐ワイン特有の複雑で深みのある香りとともに、蜜のように甘美で芳醇です。

◆サントリー 登美の丘ワイナリー

  • 画像説明

  • ぶどう栽培の理想郷、登美の丘。
    “登って美しい丘”に由来する「登美の丘ワイナリー」。 南に富士山を仰ぎ、眼下に甲府盆地を望む登美の丘。 この風光明媚な丘陵でぶどうをつくり続けて100年の歳月が過ぎました。
    世界に誇る日本ワインをつくりたい。 先人たちの夢と、それに続くつくり手たちのたゆまぬ努力が醸し出す“百年品質”の日本ワイン。 それは、“自園産ぶどう100%”にこだわり、サントリーが頑なに土からつくりあげた、最高峰のワインです。
    この美しい丘は、実はぶどう栽培に理想的な環境に恵まれています。
    【雨が少ない】年間降雨量:約1100mm(日本平均約1600mm) 
    【日照時間が長い】年間日照時間:約2250時間(日本平均約1900時間)
    【昼夜の寒暖差がある】標高が高いため昼夜の気温差は10℃以上になる日が多い。一日の気温差が大きいほど、ぶどうは色が濃くなり、糖度を高めていきます。
    上記の通り、良質なぶどう栽培に求められる3つの環境条件が揃っています。

◆お料理とともに

  • 画像説明

  • 貴腐ワインはそれだけでも充分に贅沢な食後酒にもなるのですが、 ぜひオススメしたいのは、貴腐ワインとブルーチーズとの組み合わせです。
    ブルーチーズはクセがありますので好みは分かれるかと思いますが、もしもブルーチーズは大丈夫という方には、 しっかりとしょっぱいくらいのクセのあるブルーチーズとぜひ「登美ノーブルドール」を合わせてみてください。 やさしい味のブルーチーズだと「登美 ノーブルドール」の芳醇さに負けてしまいます。
    ブルーチーズの味わいと「登美 ノーブルドール」のマリアージュは至福の心地に導いてくれるでしょう。 ぜひ大切な方々との大切な時間にお試しください。

◆受賞歴&評価

  • 2012年 Les Citadelles du Vin (仏)  日本ワイン特別賞/金賞(1992vin)
    2012年 Les Citadelles du Vin (仏)  金賞(2002vin)
    2011年 国産ワインコンクール  金賞(1987vin)
    2009年 Ljubljana international wine competition(スロベニア) 金・ナショナルチャンピオン(2002vin)



※お客様都合による返品は原則として承っておりません。
実店舗と在庫を共有しているため、売り切れる場合がございます。予めご了承下さい。
TOP