登美の丘ワイナリー メルロ&カベルネ・ソーヴィニヨン ロゼ 2012

参考価格(税抜):¥
web限定価格(税抜) ¥3,076
(税込¥3,383 )

在庫あり

数量
タイプ ロゼ(辛口)
サイズ
原産地 日本
ブドウ品種
  
    

辛口ながらもやさしくふくよかな味わいのロゼワイン

◆ワインの味わい(テイスティングコメント)

メルロとカベルネ・ソーヴィニヨンのセニエ果汁を使い、樽(一空き樽)の中で低温にてじっくり樽醗酵させました。
熟したイチゴやさくらんぼの香りを思わせる華やかな香りと美しいロゼカラーが印象的。 口に含むと、心地よい酸味とふくよかな味わいのバランスが心地よく感じられる、辛口タイプのロゼワインで、 自然な甘味のニュアンスを感じつつふくよかでかつキレのよい辛口の味わいは、 いろいろな料理に幅広く合わせて楽しむことができる1本です。

◆品種

  • 画像説明

  • 登美の丘ワイナリー 自園産ぶどうを100%使用。
    使用している品種は、メルロ:65%、カベルネ・ソーヴィニヨン:22%、カベルネ・フラン:13%。
    ボルドーでよく使われる手法で、赤ワインに凝縮感を与えるために、黒ぶどうを破砕後、発酵の前に果汁の一部を抜く事で、 液体の中の果皮の割合を増やす事を「セニエ」と言います。
    これと同じ手法で造られたのが、この「メルロ&カベルネ・ソーヴィニヨン ロゼ」です。 登美の丘の最高クラスのぶどうを使用して「登美」「登美の丘」の赤ワインを仕込む際に一部の果汁を抜いて 「登美」や「登美の丘」の凝縮度を高めるとともに、その際に抜いた上質な果汁のみを入念に発酵させて造っています。

◆サントリー 登美の丘ワイナリー

  • 画像説明

  • ぶどう栽培の理想郷、登美の丘。
    “登って美しい丘”に由来する「登美の丘ワイナリー」。 南に富士山を仰ぎ、眼下に甲府盆地を望む登美の丘。 この風光明媚な丘陵でぶどうをつくり続けて100年の歳月が過ぎました。
    世界に誇る日本ワインをつくりたい。 先人たちの夢と、それに続くつくり手たちのたゆまぬ努力が醸し出す“百年品質”の日本ワイン。 それは、“自園産ぶどう100%”にこだわり、サントリーが頑なに土からつくりあげた、最高峰のワインです。
    この美しい丘は、実はぶどう栽培に理想的な環境に恵まれています。
    【雨が少ない】年間降雨量:約1100mm(日本平均約1600mm) 
    【日照時間が長い】年間日照時間:約2250時間(日本平均約1900時間)
    【昼夜の寒暖差がある】標高が高いため昼夜の気温差は10℃以上になる日が多い。一日の気温差が大きいほど、ぶどうは色が濃くなり、糖度を高めていきます。
    上記の通り、良質なぶどう栽培に求められる3つの環境条件が揃っています。

◆お料理とともに

  • 画像説明

  • ロゼワインというと、赤ワインと白ワインの中間というイメージがあるようにも言われますが、 むしろ、味わいのしっかりした白ワインの範疇と理解していただいたほうが、お料理や飲用シーンをイメージする上ではよいかも知れません。
    旨味のある果実味のある味わいは、幅広い料理に寄り添ってくれます。 ブイヤベースや白身魚のムニエルはもちろん、鶏の唐揚げやエスニック料理まで、 幅広い料理と合わせていただくことができるので、非常に重宝する1本だと思います。

◆受賞歴&評価

  • 2015年 日本ワインコンクール(日本) 部門最高賞/金賞(2013vin)
    2016年 日本ワインコンクール(日本) 銅賞(2012vin)



※お客様都合による返品は原則として承っておりません。
実店舗と在庫を共有しているため、売り切れる場合がございます。予めご了承下さい。
TOP