<お知らせ>カーヴ・ド・ヴァン オンライン 年末年始の対応について

サンタ
今月の1本
  • おすすめシャンパーニュ特集
  • 2018年年間ベストワイン赤白12本セット
  • 日本独自品種白ワイン
  • 日本独自品種赤ワイン
  • ぶどう栽培の理想郷で造る100年品質 登美の丘ワイン4本セット
  • 均一セール
  • イタリアワイン12本セット
  • ブドウの父からコンプリート7本セット
  • 飲み頃ワイン飲み比べ
  • サンタカロリーナ
  • スパークリングワイン5本セット
  • ワインと人と響きあう
 

ジャパンプレミアム かみのやまメルロ 2013

参考価格(税抜):¥3,148
web限定価格(税抜) ¥3,148
(税込¥3,399 )


数量
タイプ 【色】赤ワイン【味わい】ミディアムボディ
サイズ 750ml
原産地 日本
ブドウ品種 メルロ

「上質なタンニンを感じさせる なめらかな味わい」
かみのやまメルロ 2013

ワインの味わい(テイスティングコメント)

きれいなガーネットの色合いが美しいワインです。香りには、赤系・黒系の果実(カシス、ベリー、ブルーベリー)の香りと樽由来のバニラのような甘い香りがバランスよくまとまっています。味わいは口当たりがやさしく、上質なタンニンもなめらかで果実の味わいが感じられます。じっくりと時間をかけて味わいが開くのもお楽しみいただけます。


ワインづくりの詳細

2013年のかみのやまエリアは、7、8月の天候不順の影響でぶどうの成熟は前年よりもやや遅めに推移。しかしながら9月の後半からは好天が続いたので、アロマ(品種香)の蓄積と種も完熟するのを待って10月下旬に収穫することができました。
収穫した果実は、冷蔵輸送後、低温で100%除梗。ステンレスタンクで入念に醗酵管理を行なった後、やわらかい酸味に仕上げる為のマロラクティック発酵を実施しました。その後、ほとんどをフレンチオークの樽にて熟成させました。
 特別なことはせず、産地・果実のポテンシャルを最大限引き出すことに留意しながら、よく熟したメルロからエレガントなワインが出来上がりました。


「サントリージャパンプレミアム かみのやまメルロ」
に込めた想い

「ジャパンプレミアム産地シリーズ」は、日本を代表するワイン用ぶどうの産地で、熱意あるぶどう生産者と手を携えて、それぞれの産地の最適品種で、その土地の個性を引き出した日本ワインです。
このかみのやまの特長である芳醇でやさしい味わい、やわらかさがあるが引き締まった味わいを引き出してあげるように、できるだけ果実に素直に醸造しワインに仕上げるようにしています。
 


かみのやま(山形)での葡萄栽培について

蔵王山麓の陽あたりのよい斜面(標高約200-450m)に拓いた畑で、太陽をたっぷり浴びてぶどうは育ちます。
土壌は火山性土壌ですが礫が大きく褐色土で傾斜のため雨の排水も水はけが良好。
夏は暑いですが、9月になると昼夜の気温差が大きく、ぶどうの着色・凝縮度が一気に上がります。
この地では、メルロとシャルドネを棚仕立てで栽培していただいています。夏の暑さと収穫期の冷涼な温度差で、芳醇でやさしくやわらかさがあると同時に最後に引き締まった味わいも特長としています。


こだわりのディティール

日本ワインの紋章は、ぶどうの果実と葉をモチーフに日本の家紋をイメージにデザインされたものです。

天然コルクに紋章入

 ぶどうの産地であるかみのやまの情景を日本らしく情緒的な木版画にしていただくために、詩人でもある木版画家のひらやまなみさんに描きおこしていただきました。味わい深い木版画にもご注目ください。

お料理とともに

「かみのやまメルロ」のよく熟した上質でなめらかなタンニンの味わいは、赤ワインとしてのやさしい旨味として、お肉料理全般はもとより脂っこい旨味あふれるお料理にも非常によく合います。たとえば、回鍋肉などの中華料理にも釣り合って、食事を進めてくれることうけあいです。


「サントリージャパンプレミアム かみのやまメルロ」を
サーヴされる際・召し上がる際には

「赤ワインは常温で」とよく言われますが、それはヨーロッパでの話で、高温多湿な日本では、特に気温が上がる頃は、少しひんやり感じる温度から飲み始めていただくのがよろしいかと存じます。但し、冷やしすぎるとタンニン分が際立ち渋みが立ってしまいますのでご留意ください。





人気ランキング

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
TOP