LAURENT PERRIER

ローラン・ペリエのシャンパン

  • シェフ ド カーヴ ミッシェル フォコネ
  • シェフ ド カーヴ ミッシェル フォコネ

    シェフ ド カーヴとは、最高醸造責任者の事であり、シャンパン造り全てにおける総責任者です。メゾンのスタイルを決める、まさに最重要人物の一人です。ミッシェル フォコネは1973年、フランス北部アルデンヌ地方の農業大学在学中に、スタジエ(研修生)としてローラン・ペリエ社に来ました。それ以来、シャンパン造りに関わる様々な業務の経験を積み、アラン テリエの後任として、2004年にベルナール ドゥ ノナンクールが経営を掌って以来三人目のシェフ ド カーヴに就任しました。

    「私は、幸運にも大きな野望と成長する可能性を持ったメゾンに研修生として受け入れてもらいました。それよりメゾンが飛躍する過程を見ながら自らも様々な経験を積み、40年経った今なおシャンパンの世界に魅了されています。

    1974年から1976年までシャンパン造りに関してまさにゼロからスタートしました。セラーでの下働きから始まり、その後、醸造など色々な業務を経験しました。1983年以降当時のシェフ ド カーヴのアラン テリエのアシスタントとして技術、ノウハウそして哲学や魂を学び、2004年に彼の跡を継ぐ事となりました。

    シェフ ド カーヴの仕事は昔に比べて、劇的に変わっています。以前は、ぶどうがメゾンに運び込まれてからのシャンパン造りだけが全てでした。今日では、供給、醸造からボトリングまでシャンパンを造る過程を見なければなりません。私は、キャリアの全てをシャンパンに対する情熱、厳しさ、完璧主義を持って、このメゾンに捧げています。私の仕事は、ローラン・ペリエのメゾンのスピリットに合う『喜びのワイン』を造り続ける事です。」

商品ラインナップ

ローラン・ペリエ

 全8件
新着順 価格順

ローラン・ペリエの歴史

  • ローランペリエ
  • 成功の二つの秘訣

    1812年に創立したローラン・ペリエは、現在世界で有数の優れたシャンパンメゾンの一つとして知られています。この成功には二つの秘訣があるのです。

    第一の秘訣は、長い伝統により築かれた“信条”を貫く事でした。“信条”とは、自然を尊重しワインを尊重する事、品質を追求する事、そして人を大切にする事です。人を大切にするのは、メゾンで働く人のみならず、ローラン・ペリエに関わる全ての人を大事にするという事です。

    もう一つの秘訣は、前当主であるベルナール ドゥ ノナンクールが、家族経営に徹する事で、メゾンの独自性と価値観を今日まで変わらず保ってきた事です。この“信条”は、ベルナール ドゥ ノナンクールが逝去した後も、脈々とメゾンの全ての人に引き継がれています。“独創性のある自由な精神”によって創造性あふれる数々のシャンパンは誕生し、ユニークで高い評価の商品ラインアップ(Pleasurable Wines)が出来上がりました。シャンパンの愉しみ方を素直に追求する事で生まれたローラン・ペリエのオリジナリティあふれるラインナップは、あらゆる機会、あらゆるシーンにぴったりです。シャンパンの魅力と喜び。ローラン・ペリエのラインナップは様々な個性をもちつつ、共通するメゾンの揺るぎなきスタイルを持っています。その個性の違いと、その根底に流れるゆるぎなき根幹の思想を知り、様々なシーンで実際に愉しむ事で深い味わいと更なる喜びを発見できる事でしょう。

    誕生

    1812年に元樽職人であるアンドレ アルフォンソ ピエルにより、シャンパーニュ地方のトゥール・シュル・マルヌ村に、ローラン・ペリエの前身となる一つのネゴシアンが興されました。彼を継いだシェフ ド カーヴであるウジョーヌ ローランと彼の妻であるマティルド エミリー ペリエの姓を一つにしてローラン・ペリエというシャンパンメゾンの名が生まれました。マティルド エミリー ペリエは、夫ウジョーヌ ローランの死後、懸命に働きメゾンを発展させました。1920年には最大マーケットの一つであるイギリスへの輸出を開始し、世界的ブランドへの道を歩み始めました。しかし、彼女の死後、世界恐慌などにより、会社は傾きかけてしまいした。このような状況下で、メゾンに救いの手を差し伸べたのが、マリー・ルイーズ ランソン ドゥ ノナンクールです。

    再生

    1939年ローラン・ペリエの経営を掌ったマリー・ルイーズ ランソン ドゥ ノナンクールは、世界第2次大戦中、レジスタンス運動に二人の息子たちを送り出しながら、メゾンの再興のために尽力いたしました。次男ベルナール ドゥ ノナンクールは、戦後1945年シャンパーニュに戻り、シャンパン造りそのもの、セラーでの仕事、そして営業などシャンパン造りに関わる様々な事を4年間の厳しい修行により学び、1948年10月に母親の後を継ぎ、ローラン・ペリエの経営の指揮を執る事となりました。彼が28歳の時でした。

    飛躍

    シャンパンに対する情熱、伝統、自然、そして何よりも「人」に対する敬意を尊重し、ベルナール ドゥ ノナンクールはこの小さなメゾン(当時の販売量80,000本 シャンパーニュメゾンの中で98位)の革新を開始いたしました。経営を掌る前の修行のおかげで、シャンパンメゾンでは極めて稀な「現場の仕事に精通している経営者」でした。様々のぶどう栽培業者との固い絆、伝統と革新を融合したシャンパン造りへの飽くなき追求。それにより、「フレッシュさ」「エレガントさ」「バランスの良さ」というメゾンのスタイルを確立し、独創的なラインナップにより、今日では世界147カ国に輸出する世界指折りのメゾンにまでに引き上げました。2010年10月29日に永眠するまで、ローラン・ペリエのメゾンの、シャンパーニュの顔としてその手腕を発揮し続けました。彼のそのスピリットは、娘であるアレクサンドラ ペレイル ドゥ ノナンクール、ステファニー ムヌー ドゥ ノナンクール、そしてミッシェル ブレール率いる経営陣に引き継がれています。

TOP