ROBERT WEIL

ロバート・ヴァイルの歴史

  • ロバートヴァイル
  • 皇帝たちが愛したワイン

    ロバートヴァイル醸造所は1868年、パリのソルボンヌ大学でドイツ学教授をしていたドクター・R・ヴァイルがワイン造りを開始、1875年にドイツ・ラインガウ地域のキートリッヒ村に創設。中世以降の修道院を 中心として発展したドイツワイン史の中では比較的歴史の浅い醸造所だが、創設後ほど無く一躍名声を博しました。ドイツ皇帝ヴィルヘルムII世(在位1888〜1918年)が、 ヴァイルの産した1893年ものの“グレーフェンベルガーアウスレーゼ”をこよなく愛し、皇帝主催の正餐会のメニューには、赤の最高峰であるシャトー・ラフィットやラトゥール、ムートン等と並んで、 白はヴァイルの名が記されていたほど。また1900年には、オーストリアのフランツ=ヨーゼフI世の宮廷が、同じ1893年産“グレーフェンベルガーアウスレーゼ”を一度に800本、 13,000マルク(推定約2,400万円)という高値で買い上げた旨が記録に残っています。1988年サントリーが経営を引き継ぎ、新生ヴァイルがスタートしました。 まず所有畑を18haから90haに拡張、畝幅を広げて新植を順次行い、しかも収量を大幅に制限し(例えばグレーフェンベルグ畑では、ドイツの平均収量の半分以下である40hl/haまで落として)高い品質を確保。 また醸造面では、温度コントロール装置付きステンレスタンクを採用、畑ごとの個性あふれるワインを別々に仕込むため、貴腐ワイン用の超小型タンクにはじまる各種のサイズを導入しました。 更には、収穫が非常に困難だといわれる貴腐ワインのトロッケンベーレンアウスレーゼなどの収穫に敢えて挑戦し、それ以降毎年成功という偉業を更新しています。 こうした革新により、今日ロバートヴァイル醸造所はドイツ最高の醸造所として名声を確立し、いまや世界のファインワインファンの垂涎の的となっています。

商品ラインナップ

ロバート・ヴァイル

 全3件
新着順 価格順

ワインづくり

  • グレーフェンベルク畑 グレーフェンベルク畑
  • 神に選ばれし土地 グレーフェンベルク畑

    ロバートヴァイル醸造所にあるキートリッヒ村は、母なる大河ライン右岸から2km ほど 北に奥まった丘陵地にあり、河畔近くの銘醸村にくらべて寒冷とさえ言える微気候が最大の特徴。 高貴品種リースリングのラインガウワインに、さらなる美しい酸味と果実の香り高さという美質をもたらしてくれる土地柄です。
    そのキートリッヒ村で最高の場所に位置する名ぶどう畑がグレーフェンベルク畑で、畑名は「伯爵の山」という意味。 土壌はスレートと砂、少量の粘土が適度にまじりあい、南西向きの 最大 60 %にも達する急斜面というロケーションとあいまって、繊細でエレガント、しかも深みある味わいを生み出します。 ロバートヴァイルでは、厳格な剪定、風通しをよくするための摘葉、有機肥料のみの使用と殺虫剤の不使用、収穫は全て手摘みなど、厳格な栽培を行っています。

  • 圧搾機 ワインセラー
  • 伝統製法と現代技術の結合

    高品質は畑で産まれ、セラーでの全ての工程はその品質を維持するためにある、というのがロバートヴァイルの考えです。
    圧搾は空気式の圧搾機で1.5気圧という低圧力で丁寧に行い、発酵は300を超える区画や格付け毎に異なるサイズの精密温度コントロール装置付ステンレスタンクで行うなど、最新技術が、自然の恵みであるテロワールと果実のポテンシャルを最大限に生かすために用いられます。

  • ヴィルヘルム・ヴァイル氏
  • ロバート ヴァイル4代目当主
    ヴィルヘルム・ヴァイル氏

    1963年生まれで、幼い頃から醸造所で働き、伝統的な技を身につける一方、ガイゼンハイム大学で最先端の科学を習得。
    サントリーが経営を引き継いだ 1988 年当時は弱冠 25 歳の若者でしたが、非凡な才能と情熱、そして何よりも素晴らしいヴィジョンを持ち合わせていた。それ以降、品質に妥協しないヴィルヘルム・ヴァイル氏による革新の成果には目覚しいものがあり、 醸造所の名声と共に、彼自身も世界のワイン・ジャーナリズムから、ドイツを代表するトップ醸造家としての名声を獲得している。
    1997年ゴーミヨーワインガイド Winemaker of the year に選出される。

国際的に高い評価

  • ゴーミヨ ドイツワインガイド 2018
  • ゴーミヨ ドイツワインガイド 2018

    (ドイツで最も知名度が高く権威のあるワイン評価誌)
    ―最高ランクの5grapes 獲得
    辛口ワインは過去最高の出来と評価

  • ファインシュメッカー(季節誌)
  • ファインシュメッカー(季節誌)

    最高評価である
    5ツ星 (5Fs) の評価

  • アイヒェルマン 2018
  • アイヒェルマン 2018

    最高評価である
    5ツ星の評価。世界的なワイナリーと紹介。

  • ロバート・パーカー誌
  • ロバート・パーカー誌

    2016年のキートリッヒャーグレーフェンベルク
    グローセスゲヴェックスが 95 点を獲得
    非常にエレガントで豪華なグランクリュ

TOP