【掲載商品変更のご案内】

サンタ
今月の1本
            
  • 年末特別セール
  •         
  • ボジョレーヌーヴォー2019予約販売
  •            
  • イタリアワイン12本セット
  • オーパス ワン 2015 6本セット
  • グレイトボルドー
  • 登美の丘
  • カロリーナセット
  • ロベールアンポ―
  • ボルドー右岸特集
  • JP品種セット
  • 日本独自品種白ワイン
  • ワインと人と響きあう
 
造り手にふれる
#3. Innovation and Challenge ブシャールワインの革新と挑戦

「飲む歓びは、生きる歓び」。
生命感あふれるブシャールワインの革新と挑戦 2016/4/27

ひとつひとつに個性がありながら、 すべてにみずみずしい生命感を持った味わい

ブルゴーニュワインは、畑が違えば味も香りも違う、そ れが選ぶ方にとっての楽しみとなり、私たち造り手に とってはやりがいを感じる点です。ひとつの品種でこ れほどのバリエーションが楽しめるのはブルゴーニュ ならではです。

ただひとつ、ブシャール社のワインに共通して言える ことは、「生命力のあるワイン」ということでしょうか。 「フレッシュな味わい」というのは、単に「若い」という ことではありません。例えば、木になっているチェリー をもいでかじったとき、青果店で売られているものとは 違う驚きがありますよね。もぎたての「青さ」だけでは ないみずみずしい「生命感」。そうした感動を味わって いただけるワインなのです。(西山氏)

修業期間の学びが、チャレンジの芽を育てた

ワイン造りに携わって10年以上になりますが、その修業期 間にいろいろなことを学び、実験を重ねてきました。 個々の畑の特長を頭と身体に叩き込み、その上でより よいものを見つけるためにチャレンジを続けてきたの です。

「全梗発酵」は私が醸造の責任者になって新しく取り入れた手法です。ぶどうの粒と粒をつなぐ梗を残した まま発酵させるやり方ですが、こうすると発酵期間が 長く保てるので、定期的に何度も試飲し、ぶどうの成 長段階を細かくチェックできるというメリットがありま す。ワインにフィネス(精巧さ)を与えることができるの です。最終的なワインの品質を上げるために、全梗の ぶどうをスパイス代わりに用いるイメージです。(ウェ バー氏)

「変わらない美味しさ」を提供し続けるために、
革新を続けなければならない

挑戦をしなければ新たな発見はありませんし、仕事に 魅力は生まれません。これまでブシャールにはなかっ たやり方を慎重に取り入れ、常に革新を続けるのは、 ブシャール社の伝統、歴史、ブランドを守るためでも あるのです。「変わらない美味しさ」を提供し続けるた には、常に革新を続けなければならない、ということ です。(ウェバー氏)

飲む人が笑顔になることから、ブルゴーニュのワイン は「歓びのワイン(ヴィン・ド・プレジール)」と呼ばれて います。ブシャール社のワインは、まさに生きている歓 びを詰め込んだワインなのです。その名前に恥じない よう、これからも日々畑からインスピレーションをもら い、ワインと向き合っていきます。(西山氏)

Profile: ブシャール ペール エ フィス
チーフワインメーカー フレデリック・ウェバー氏
農工学と醸造学の修士号を取得後、シャンパーニュでのインターンシップを経て農業と ワイン醸造学の深い理解を身につけた。ローヌでの経験を経た後、2002年にブシャー ル社へ入社。前責任者フィリップ・プロ氏のもとで10年以上ワイン造りに携わり、2013 年チーフワインメーカー(醸造責任者)に就任。
Profile: ブシャール ペール エ フィス
東アジア輸出担当 西山雅己氏
CFPPA(農務大臣認定、ワインのプロフェッショナル養成機関)の研修にて「ワイン及び スピリッツの販売責任者」資格取得。ブシャール ペール エ フィスとウィリアム フェーブ ル両社で畑・醸造の研修を経て2003年ブシャール醸造チームに採用後、日本人として 初めて正規の広報担当。現在マーケティング及び東アジア輸出担当。 
TOP