• ワインと人と響きあう
  • 6/24(土):24名限定 トップソムリエ佐藤陽一氏と楽しむ魚介料理と白ワインのマリアージュランチ参加チケット
  • 6/19(月):20名限定 渡辺ワイナリー長が語る初夏の特別ワイナリーツアー(ランチ付)参加チケット
  • インポーター厳選!ロゼワイン4本セット
  • 岩の原葡萄園マスカット・ベリーA収穫体験ツアー
  • 食卓で太陽を感じるシシリアン5本セット
  • サクラアワード2017 受賞ワイン
 

SHIOJIRI WINERY
塩尻ワイナリー

Winery & Wine makers
ワイナリーとワインメーカーたち

テロワールの味わいを醸す。

塩尻ワイナリーは、長野県を中心に産地ごとのテロワールとぶどうにこだわり抜いた
サントリー日本ワイン ジャパンプレミアム「産地シリーズ」の醸造拠点。
地元の生産者の方々と向き合って、
一つ一つ丁寧にテロワールの味わいを醸し出します。

長野県は山梨県と並ぶ日本ワインの二大産地。
中でも岩垂原、桔梗ヶ原をはじめ、とりわけ品質の高いぶどうを産出する塩尻市で
1936年から日本ワインづくりを続ける塩尻ワイナリーは、
長野県内の熱心なぶどう栽培農家の方々と手を携えて、
長野県産のワインを中心に、土地の個性を引き出す日本ワインづくりに取り組んでいます。

塩尻ワイナリーのこだわり

上質なぶどうを生み出す名産地。

ぶどう栽培に適した環境に恵まれた長野県は、上質な日本ワイン用ぶどうを生み出す名産地として知られています。白ではシャルドネやソーヴィニヨン・ブラン、赤ではメルロやマスカット・ベーリーAなどが栽培されています。

塩尻ワイナリーの歴史

1936
「壽屋塩尻工場」として開設。コンコード種等の品種から『赤玉』用の原料ワインを産出。
1950年代半ば
塩尻市周辺のぶどう生産者が「寿屋赤玉出荷組合」を結成。
組合は現在も存続。契約栽培を実践。
1980年代〜
本格的にメルロの契約栽培を開始。
シャルドネを北安曇郡池田町、千曲市ほかで契約栽培を開始。
高級日本ワインづくりに向け、契約栽培農家とともに始動。
2001〜
完熟ぶどうを得るために優良畑の選定、各畑ごと適期作業、防除、収量制限を実践。
醸造では、選果台による選果、ピジャージュ、新樽による熟成を開始。
2004
より高品質な日本ワインづくりを目指し、瓶詰め機を導入。
醸造から瓶詰めまで一貫した生産体制を完備。
2013
新建屋竣工。
さらなる品質向上を目的とし、小ロットの発酵タンク、新選果システムなどを導入。
コンクールで毎年入賞を果たす日本ワインを安定的に創出。

日本ワインメーカーたち

  • 塩尻ワイナリー ワイナリー長
    篠田 健太郎

    その土地の風土が思い浮かぶような日本ワインをつくりたいと思っています。良いワインづくりには良いぶどうづくり、良いぶどうづくりには、土地の気候や土壌の条件に加えて人間の意志、努力が不可欠です。これらに携わる全ての人と目標を共有し、一緒に理想の日本ワインづくりに取り組んでいきます。

塩尻ワイナリー おすすめワイン

塩尻ワイナリーシリーズの商品をみる
TOP