• ワインと人と響きあう
  • 2017 秋!よりどりワイン特価セール開催!
  • 定番ブドウ品種を飲み比べ!ヴァラエタル6本セット
  • 東京開催【11/10(金):16名限定】 ワインとチーズのマリアージュ基礎セミナー【フランス編 第2弾】参加チケット
  • 予約開始!ボジョレー・ヌーヴォー2017 イタリア新酒 日本新酒
  • ブルゴーニュのフィネスを感じる名門ブシャール・ペール・エ・フィス プレゼントキャンペーン
  • サントリー日本ワイン「日本ワインコンクール2017」受賞ワイン
  • 定番チーズとも相性抜群!フランス定番ワイン4本セット
 

定番ブドウ品種を飲み比べ!ヴァラエタル6本セット

参考価格:¥13,963
web限定価格 ¥11,112 ※税込¥12,000

残りあと58個

数量
タイプ セット
サイズ
原産国
ブドウ品種

ブドウ品種の違いからワインを楽しもう!

定番ブドウ品種を飲み比べ!ヴァラエタル6本セット 20%OFF (12,000円 税込)

Wine Belt 北緯30〜50度、南緯30〜50度

ワインを知る近道のひとつとして、ブドウ品種を覚える、という方法があります。
ここでは、赤ワインを造る黒ブドウ品種から3つ、白ワインを造る白ブドウ品種から3つの、ワイン界を代表する定番ブドウ品種をご紹介すると共に、各ブドウ品種の特長を余す事無く表現したワイン6本をご紹介させていただきます。

多くの植物がそうであるように、ブドウにも栽培適地があり、特にワイン用ブドウ品種の栽培適地は、上記の図の通り、北緯30度〜50度 南緯30度〜50度、平均気温10℃〜16℃のワインベルトと呼ばれる地域に限られています。

北半球では、フランス、イタリア、スペイン、ドイツといった伝統的なワイン生産国、北アメリカでは、アメリカや、カナダ南部。
南半球では、チリ、アルゼンチン、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカと、現在、ワイン銘醸地と呼ばれる産地が全てこのワインベルトの中に入っている事が分かると思います。

ブドウの生育には、日照時間や降水量、地層や土壌等、様々な自然環境が影響を及ぼしますが、各銘醸地では歴史的に、その土地に適したブドウ品種が植えられており、新興国ではその歴史的銘醸地の気候や土壌と比較して、栽培するブドウ品種を決定する事が多くなっています。

従って土地を知れば、ブドウ品種が分かり、ブドウ品種を知ればその土地が分かり、ひいてはワインの味わいも分かるようになります。
その第一歩として、是非こちらのヴァラエタル6本セットをお試しいただければと思います。

ここがポイント!

世界を代表する黒ブドウ品種3種、白ブドウ品種3種が楽しめます
この6種の品種さえ覚えれば、数多ある世界中のワインから好みのワインの傾向が分かります。
また、大概のワインショップ、レストランにもこの6種の品種のワインがありますので、
ワイン選びが楽しくなるはずです。
世界中の銘醸地のワインが楽しめます
今回あえて、6種のワインを世界各国、別々の国からピックアップしました。
品種の特長が良く出ているのはもちろん、その土地土地の個性も良く現れた味わいで、
6種6様6カ国の個性が楽しめます。
1本あたり2,000円と大変お買得! さらに
高くて美味しいのは当たり前。今回は、美味しいと思ったらリピート購入できる、
1本平均2,000円でおさまるワインをピックアップしました。
比較的安定した造りの各国名手のワインを集めましたので、安心してお楽しみください!

定番ブドウ品種を飲み比べ!ヴァラエタル6本セットのご購入はこちら

コロンビア・ヴァレー カベルネ・ソーヴィニョン 2015(シャトー・サンミッシェル)

産地:アメリカ / ワシントン州 / コロンビア・ヴァレー
ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン / シラー / メルロ /
マルベック/プティ・ヴェルド

カリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニョンは、今やボルドーワインにも匹敵する品質と人気を誇りますが、これはもう少し北の冷涼な産地ワシントン州で造られるカベルネワインです。
冷涼な気候のため酸を蓄えた上品なワインが出来る産地として、現在注目の産地ですがこのシャトー・サンミッシェルはワシントンの優位性を見出したリーダー的存在です。
自社畑を中心に、ワシントン東部で収穫された凝縮感のあるブドウを楽しみやすいスタイルに仕上げたワイン。カベルネ主体ワインらしい、複雑さと構成力があります。
※2015年は50周年記念ラベルになっています。

コロンビア・ヴァレー カベルネ・ソーヴィニョン 2015(シャトー・サンミッシェル)の画像

主要ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニョン

カベルネ・ソーヴィニョンの画像

赤ワイン用ブドウのトップスターにして、最も良く目にするブドウ品種名かもしれません。
この品種を有名にしているのは、なんといってもボルドーの格付けシャトーで、その上級品は、重厚で複雑味があり、長期熟成により見事に花開くのもこの品種の特長です。
ボルドーでは、単一で使用する事は少なく、メルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドといった品種とのブレンドによりバランスの取れたワインを生み出しています。
その他、アメリカ・カリフォルニア(特にナパヴァレー)、南半球では、チリ、アルゼンチン、オーストラリアでも多く栽培され、世界中のフルボディ赤ワインファンを楽しませています。

ブルゴーニュ・レ・コトー・デ・モワンヌ・ルージュ 2014(ブシャール・ペール・エ・フィス)

地域:フランス / ブルゴーニュ地方
ブドウ品種:ピノ・ノワール

1731年創業のブルゴーニュを代表する名門ドメーヌ、ブシャール・ペール・エ・フィスが造るACブルゴーニュの上級キュベで、良ヴィンテージにのみ生産される逸品です。
ブシャールは現在、コート・ドールとブーズロンに総面積130ヘクタール(内グランクリュが12ヘクタール、プルミエクリュが74ヘクタール)という、他の追随を許さぬ大葡萄園主にまで成長していますが、このワインは、コート・ド・ボーヌの複数の畑からセレクションされたピノ・ノワールのブレンド品で、ブシャールならではの贅沢な高品質ブドウが使用されています。
ピノ・ノワールらしい優しい華やかな果実味となめらかなのど越しが楽しめると同時に、複雑味と奥行きのある、優れたコストパフォーマンスを持ったワインです。

ブルゴーニュ・レ・コトー・デ・モワンヌ・ルージュ 2014(ブシャール・ペール・エ・フィス)の画像

主要ブドウ品種 ピノ・ノワール

ピノ・ノワールの画像

「ピノ・ノワール」は「カベルネ・ソーヴィニョン」「メルロ」と並ぶ、黒ブドウの国際品種御三家のひとつです。
フランスのブルゴーニュ地方原産で、「ピノ・ノワールに旅をさせるな」と言われるほど繊細で、ブルゴーニュ以外では良いピノ・ノワールは出来ないと言われていましたが、近年では、ブルゴーニュ同様の冷涼な気候の、アメリカ・オレゴンやニュージーランド、オーストラリア、南アフリカの冷涼なエリアで目を見張るものが造られています。
その特長は華やかな香り、繊細な果実味、豊かな酸、キメ細かいタンニン、重くならない複雑な味わいなど。圧倒的なエレガントさは唯一無二の存在です。
イタリアでは「ピノ・ネロ」、ドイツでは「シュペート・ブルグンダー」と呼ばれています。
それと、シャンパーニュの主要品種でもあります。

ロング・パドック・シラーズ 2013 (レッド・バンク)

地域:オーストラリア / ヴィクトリア州
ブドウ品種:シラーズ/サンジョヴェーゼ

ヴィクトリア州東部、高標高地に広がる栽培地域、キングヴァレーに自社畑を所有。この地域では元々イタリアからの移民が多く、レッドバンクでも冷涼な気候と酸味に特徴のあるイタリア品種の特長を活かしたフレッシュでエレガントな味わいのワイン造りを行っています。
このワインは、オーストラリアを代表する黒ブドウ品種「シラーズ」に僅か6%ほどサンジョベーゼ種を加えたワインで、アロマには活き活きとした森のフルーツやフレッシュプラムの香りがあり、味わいにはベリーやスパイスが感じられます。わずかに加えられたサンジョヴェーゼ由来のタンニンが果実の甘みを支えています。

ベルグァルド ロゼ 2015 <ロング・パドック・シラーズ 2013 (レッド・バンク)の画像

主要ブドウ品種 シラー(シラーズ)

シラー(シラーズ)の画像

原産地であるフランス・ローヌ地方とオーストラリアが2大産地で、オーストラリアやその他のニューワールド諸国ではシラーズと呼ばれる事が多いです。
よく「スパイシー」という言葉で表現される、特長的な黒胡椒の香りは、ローヌ地方で特に強くあらわれます。それに対してオーストラリアでは熟した果実味が前面に出るスタイルになります。「スパイシー」から「濃い」という連想になり、渋くて強いぶどうと思われがちですが、実際は骨格はしっかりしながら、滑らかなタンニンを持つ上品な味わいです。
近年その他の国々でも栽培面積が増えている品種で、特にニューワールドの冷涼地域で注目が集まっています。アメリカのカリフォルニア州やワシントン州、チリ、アルゼンチン、南アフリカ、ニュージーランドなど、ニューワールド諸国では揃ってシラーが増加中です。

カテナ アラモス シャルドネ 2016

地域:アルゼンチン / メンドーサ
ブドウ品種:シャルドネ

カテナ社は、1902年にニコラス・カテナ氏がイタリアよりアルゼンチンに渡り、ブドウ畑を開墾した、アルゼンチン最大級の名門ワイナリーです。
このワインは、標高1,000m付近で収量を制限して手摘みで収穫されたシャルドネを醸造。高標高で育った果実の味わいと、カテナ家のアッサンブラージュの技術が手軽な価格で楽しめる逸品です。
低価格にも関わらず圧倒的なボリューム感があり、しかも酸味やその他の成分とのバランスが良く、品の良さも兼ね備えています。
トロピカルフルーツや桃を思わせるフレーバーとアロマ、バランスの取れた心地よい酸味が魅力の白ワインです。

カテナ アラモス シャルドネ 2016の画像

主要ブドウ品種 シャルドネ

シャルドネの画像

元々ブドウ品種としての個性的な風味が少なく、産地や醸造方法によって、驚く程多彩な表情を見せます。すっきりした辛口(シャブリ)から、リッチでコクのある辛口(モンラッシェ)、スパークリングワイン(シャンパーニュ)まで、あらゆるスタイルで高品質のワインを生む、大変ポテンシャルの高い白ブドウのトップスターです。
恐らく一度は耳にした事がある品種名ではないでしょうか。
フランスのブルゴーニュ地方原産で、ブルゴーニュのマコネ地区にあるシャルドネという村が原産とも言われますが、証明はされていません。 オーク樽の風味と相性が良く、樽発酵・樽熟成という醸造方法はシャルドネの一つの典型的なスタイルとなっています。

ツイン・アイランズ ソーヴィニョン・ブラン2015

地域:ニュージーランド / マールボロ
ブドウ品種:ソーヴィニョン・ブラン

今、最もソーヴィニョン・ブランというブドウ品種の特長を表しているとも言われる、ニュージーランドのマールボロ地区のワイナリーで自社畑及び長期契約の畑から、豊かな風味をもたらす、よく熟したブドウを使用して造られたワインです。
淡い黄色、シトラスやフレッシュハーブ、トロピカルフルーツの鼻に抜けるような香り。口当たりは辛口でグレープフルーツのような果実味とタイムやコリアンダーのニュアンスが爽やかなフィニッシュへと導きます。
生牡蠣やムール貝などの魚介類全般とは抜群に相性が良く、サラダや軽い食事と共に気軽に楽しめる白ワインです。
キリッと冷やしてアペリティフにも最適です。

ツイン・アイランズ ソーヴィニョン・ブラン2015の画像

主要ブドウ品種 ソーヴィニョン・ブラン

ソーヴィニョン・ブランの画像

弾けるようなもぎたての柑橘類やフレッシュハーブなどの味わいを連想する、鮮やかで若々しい香りが特長的です。イキイキとした強い酸味と、鮮烈でフレッシュな果実味。爽やかな味わいを代表する白ブドウです。
ソーヴィニョン・ブランの語源はフランス語の「ソヴァージュ(野生的な)」から来たと言われ、フレッシュな酸が命のぶどうなので、基本的に冷涼な産地で活きるタイプです。
フランスでは、ボルドーとロワール地方で、新世界では、ニュージーランドのマールボロやチリのカサブランカ・ヴァレーのものが有名です。
ちなみに、このソーヴィニョン・ブランとカベルネ・フランの自然交配から生まれたのが、最も有名な黒ブドウであるカベルネ・ソーヴィニョンです。

クレブス リースリング・トロッケン2016

地域:ドイツ / ファルツ
ブドウ品種:リースリング

元々協働組合としてワイン造りを行っていましたが、1982年現当主のユルゲン・クレブスの父によりワイナリーを創設し、瓶詰めを開始、若手醸造家として注目を集めています。
ファルツ地方は、ラインヘッセン地方に次いで、ドイツで2番目に生産量が多い産地です。
これは、典型的な青リンゴやトロピカルフルーツの香り。ミネラル感、溌剌とした酸があり、スパイシーさも感じるイキイキとしたリースリングです。
近年のトレンドに合わせてトロッケン(辛口)に仕上げられたリースリングには、気品があり、魚介料理や、お寿司や天ぷらにも良く合います。ご自宅に1本常備しておきたいワインです。

クレブス リースリング・トロッケン2016の画像

主要ブドウ品種 リースリング

リースリングの画像

ドイツ原産の白ブドウ品種。名前の通り総じて爽やかな印象のワインを産み出すブドウで、フレッシュな果実味と上品な酸が特長的。さながらワイン界の貴公子です。
そのエレガントな酒質から、世界中で人気が高まりつつあり、ドイツ、オーストリア、フランス北部のアルザス地方、といった伝統的な生産地から、ニューワールドでは、オーストラリアのエデン・ヴァレーやクレア・ヴァレー、アメリカのワシントン州やニューヨーク州、近年カナダやニュージーランド等の冷涼な地域にまで生産地域が広がり、ちょっとしたムーブメントとなりつつあります。
透明感あふれる引き締まった果実味、カチッとした厳しさが感じられるのが、この品種の特長で、緊張感のある高貴な味わいが、リースリングの真骨頂と言えます。

定番ブドウ品種を飲み比べ!ヴァラエタル6本セットのご購入はこちら

人気ランキング

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
TOP