今月の1本
  • ワインと人と響きあう
  • 日本ワインコンクール
  • イタリアお祭りワイン夏季限定60セット12本セット
  • ジュヴレ・シャンベルタン階級別 飲み比べ3本セット
  • ぶどう栽培の理想郷で造る100年品質 登美の丘ワイン3本セット
  • コート・ド・ボーヌを知る5本セット
  • スパークリングワイン5本セット
  • 世界のフレッシュ&フルーティ白ワイン厳選5本セット
  • ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ
  • トカイ特集
 

ジャパンプレミアム かみのやま産メルロ 2015

参考価格(税抜):¥3,500
web限定価格(税抜) ¥3,500
(税込¥3,780 )


数量
タイプ 【色】赤ワイン【味わい】ミディアムボディ
サイズ 750ml
原産国 日本
ブドウ品種 メルロ

「凝縮した果実味とエレガントな香り​」
かみのやま産メルロ 2015

ワインの味わい(テイスティングコメント)

香りはプラムなどの酸味のある果実のジャム、カシスなど赤黒系果実、ビターチョコのようなロースト香。
凝縮した果実感とほどよい酸のバランス。後半にかけ広がりと力強さがありタニックですが、バランスのとれた味わいです。


ワインづくりの詳細

2015年のかみのやま地区は、6月下旬の雹により枝や幼果への被害が一部あったものの、7月以降は好天が続き、雨が少なく気温も高い日が続きました。9月以降も好天が続き、病気の被害を受けることなく生育が進み、果実分析値とアロマの程度、種の成熟度合いを見極め、収穫。メルロは10月下旬に収穫を行い、未熟感のない香りが華やかなワインに仕上がりました。
蔵王山麓の陽あたりのよい斜面に拓いた畑で、太陽をたっぷり浴びて育ったメルロを使用した、果実の凝縮感とほどよい樽香のバランスが心地よい赤ワインです。


「サントリージャパンプレミアム かみのやま産メルロ」
に込めた想い

「ジャパンプレミアム産地シリーズ」は、日本を代表するワイン用ぶどうの産地で、熱意あるぶどう生産者と手を携えて、それぞれの産地の最適品種で、その土地の個性を引き出した日本ワインです。
このかみのやまの特長である芳醇でやさしい味わい、やわらかさがありつつも引き締まった味わいを引き出してあげるように、できるだけ果実に素直に醸造しワインを仕上げるようにしています。
 


かみのやま(山形)での葡萄栽培について

蔵王山麓の陽あたりのよい斜面(標高約200-450m)に拓いた畑で、太陽をたっぷり浴びてぶどうは育ちます。
土壌は火山性土壌ですが、礫が大きく褐色土で傾斜のため雨の排水も水はけも良好。
夏は暑いですが、9月になると昼夜の気温差が大きく、ぶどうの着色・凝縮度が一気に上がります。
この地では、メルロとシャルドネを棚仕立てで栽培していただいています。夏の暑さと収穫期の冷涼な温度差で、芳醇でやさしく、やわらかさがあると同時に、最後に感じられる引き締まった味わいも特長としています。

お料理とともに

「かみのやま産メルロ」のよく熟した上質でなめらかなタンニンの味わいは、赤ワインとしてのやさしい旨味として、お肉料理全般はもとより脂っこい旨味あふれるお料理にも非常によく合います。たとえば、回鍋肉などの中華料理にも釣り合って、食事を進めてくれることうけあいです。


「サントリージャパンプレミアム かみのやま産メルロ」を
サーヴされる際・召し上がる際には

「赤ワインは常温で」とよく言われますが、それはヨーロッパでの話で、高温多湿な日本では、特に気温が上がる季節は、少しひんやり感じる温度から飲み始めていただくのがよろしいかと存じます。ただし冷やしすぎるとタンニン分が際立ち、渋みが立ってしまいますのでご留意ください。





日本ワインで最も注目される「Japan Wine Competition(日本ワインコンクール) 2017」にて、欧州系品種・赤部門で「銀賞」を受賞しました。


人気ランキング

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
TOP