今月の1本
  • ワインと人と響きあう
  • 東京開催【5/25(金):16名限定】ワインとチーズのマリアージュ特別セミナー《ニュージーランドワインの最高峰「プロヴィダンス」と楽しむフランスのチーズ》参加チケット
  • 世界が評価したチェザーリ家のアマローネ
  • サクラアワード 2018 審査員が語る受賞ワインの魅力
  • 偉大なヴィンテージ 2015年を愉しむボルドーワイン3本セット
  • 記憶に残る優良年 2015ブルゴーニュワイン3本セット
  • 熟成するボジョレー クリュ デュ ボジョレー 3本セット
  • ブルゴーニュ銘醸 コート・ド・ニュイを知る4本セット
  • 秘蔵のレゼルヴァワインから作られた歴史的コレクション
 

登美の丘ワイナリー ビジュノワール 2014

参考価格:¥3,700
web限定価格 ¥3,700 ※税込¥3,996


数量
タイプ 【色】赤ワイン 【味わい】フルボディ
サイズ 750ml 
原産国 日本
ブドウ品種 ビジュ・ノワール

「ワイナリー限定発売商品を、よりたくさんの人へ」
【全国発売開始!】登美の丘 ビジュノワール 2014

※画像は2012ヴィンテージのものです

ワインの味わい(テイスティングコメント)

外観はルビー色で、ラズベリー、ブルーベリーなどの果実の香りが豊かに感じられます。
口当たりはやわらかく、しっかりとしたタンニンと自然な甘みがバランスよく調和して心地よく広がっていく、華やかでふくよかな味わいの赤ワインです。
【飲み頃温度・14〜16℃】

ワインづくりの詳細

2014年は果実がゆっくり成熟したことで、香りが良く、心地よい酸味があり、バランスの良さを感じるヴィンテージとなりました。赤系品種は糖度が高く、種の完熟が得られ、赤ワインとしては口当たりがやわらかく、豊かな果実感と自然な甘さ、良質なタンニンが感じられる味わいに仕上がっています。

ビジュノワールというぶどうについて

「ビジュノワール」というぶどう品種は、山梨県果樹試験場が開発し、2006年に農林水産省で正式に品種登録された新しい品種です。
「山梨27号」(甲州三尺×メルロ)とワイン品質の良好な「マルベック」を交雑して誕生しました。

萌芽が遅いため遅霜にも有利で、結実してから熟する速度が速いため、秋の長雨や台風襲来する前に健全な果実を収穫することができ、日本の気候風土での栽培に適しています。
これから注目を集める品種であると考えています。

フランス語で「Bijou」とは宝石、「Noir」は黒、
つまり「Bijou Noir(ビジュノワール)」とは、「黒い宝石」という意味です。
ビジュノワールの果実の粒は色素が濃く、「ブルーム」と呼ばれるぶどうの粒の表面を薄く覆う白い粉の間から見える果皮の色は、まさしく「黒い宝石」という名前がぴったりの印象です。
登美の丘のビジュノワールの特長は、ラズベリーやブルーベリーのようなフレッシュな果実を思わせる華やかな香り。味わいはタンニンがしっかりしていてボリューム感がありますが、口当たりはやわらかです。

こだわりのディティール

「登美の丘」の墨文字を書いていただいたのは荻野丹雪さん。

特殊なインクをボトルに転写して焼き付けた「プリントボトル」を使用しています。

プリントボトルなので、ワインクーラーに入れてもラベルがはがれるということもありません。
ボトルをそのままオブジェや花瓶として使用されているというお客様もいらっしゃいます。

※画像は2012ヴィンテージのものです

落款を押したように金色で表現されている「元詰」という言葉。ワインならではの表現です。葡萄の栽培・醸造・瓶詰、さらに熟成までのワインづくりの全てを自らの手で行う場合に認められた表現です。
フランスで「Mis en bouteille au Château」とか「Mis enbouteille au Domaine」と書かれたワインを見た方もいらっしゃるでしょう。
「シャトー元詰」「ドメーヌ元詰」「元詰」であることが確かな品質の証のひとつです。

※画像は2012ヴィンテージのものです

天然コルクに紋章入り。

お料理とともに

しっかりとしたタンニン分があるワインですので、チンジャオロースや南仏料理のカスレなど脂分のボリュームのある料理もしっかりと受け止めてくれます。
旨味のある果実味豊かな味わいは、幅広いお料理と合わせてお楽しみいただけます。

「登美の丘 ビジュノワール」を
サーヴされる際・召し上がる際には

非常にタンニン分が豊かなために、ワインの温度が低いと渋味が強調されてしまう場合があります。
室温で酸素と触れさせながら、ゆっくりと時間をかけてお召し上がりいただくのが、よろしいかと思います。
また、しっかりとしたタンニン分はデキャンタージュすることによって口当たりがやわらかくなります。
デキャンターがない場合は、異味異臭のない別の瓶に移し変えていただき、再び元の瓶にワインを戻してあげるだけでも味わいや香りが変化します。

人気ランキング

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
TOP