今月の1本
  • ワインと人と響きあう
  • コート・ド・ボーヌを知る5本セット
  • スパークリングワイン5本セット
  • 世界のフレッシュ&フルーティ白ワイン厳選5本セット
  • 金賞受賞!ボルドープティシャトー5本セット
  • 掘り出し物特集
  • ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ
  • トカイ特集
  • ヴィンテージボルドー特集
  • リベラ・デル・ドゥエロが生んだスペインの至宝 ベガシシリア
 

ジャパンプレミアム 津軽産ソーヴィニヨン・ブラン 2016

参考価格(税抜):¥3,300
web限定価格(税抜) ¥3,300
(税込¥3,564 )


数量
タイプ 【色】白ワイン 【味わい】辛口
サイズ 750ml
原産国 日本
ブドウ品種 ソーヴィニヨン・ブラン

「パッションフルーツを思わせる、爽やかな香りの辛口白ワインです」
サントリージャパンプレミアム
津軽産ソーヴィニヨン・ブラン 2016

ワインの味わい(テイスティングコメント)

品種特有の、青リンゴのような爽やかさとパッションフルーツ、さらにマンゴスチンのような南国フルーツの香りの両方が感じられます。 ジューシーで果実の甘さをリッチに感じ、程よい酸味が中盤から余韻の味わいを引き締めています。

ワインづくりの詳細

2016年は、6月の開花期は乾燥気味で温度がやや低温に推移しましたが、影響はありませんでした。梅雨が平年より長く、9月以降も天候不順で生育スピードが鈍化したものの、健全性に問題はなし。10月の収穫期前半は天候不順の影響が残り、ソーヴィニヨン・ブランは例年より収穫を約1週間遅らせ、アロマが高いタイミングで収穫。ワインは香りがよく、いきいきとした酸味が感じられる味わいに仕上がりました。

「ジャパンプレミアム 津軽産ソーヴィニヨン・ブラン」
に込めた想い

「ジャパンプレミアム産地シリーズ」は、日本を代表するワイン用ぶどうの産地で、熱意あるぶどう生産者と手を携えて、それぞれの産地の最適品種で、その土地の個性を引き出した日本ワインです。
冷涼な気候と岩木山の火山灰土壌が特長の青森県津軽地区。ソーヴィニヨン・ブランを垣根栽培で育てました。この津軽という甘やかな果実味を生み出す土地におけるソーヴィニヨン・ブランの特長を生かすように、クリーンな果実本来の味わいを大切にワインに仕込んでいます。

津軽(青森)での葡萄栽培について

青森県弘前市および北津軽郡鶴田町。この地でご縁があってサントリーとは1988年からのおつきあいになります。
この地の特長は、雄大な岩木山のふもと(標高約100-150m)の火山灰土壌で、水はけが良好。生育期の4-8月の降水量が少なく、日照時間も緯度が高いため比較的長くなります。夏は気温が上昇しますが成熟期になると一気に冷涼になるという特徴があり、この冷涼な気候により、香りが豊かになり、肥沃な土壌がワインに独特のあまやかでゆったりとした果実味をもたらしてくれます。
ここで、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、ピノ・ノワールの栽培をしていただいています

日本ワインで最も注目される「Japan Wine Competition(日本ワインコンクール) 2017」にて、欧州系品種・白部門で「金賞」を受賞しました。

人気ランキング

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
TOP