今月の1本
  • ワインと人と響きあう
  • 日本ワインコンクール
  • イタリアお祭りワイン夏季限定60セット12本セット
  • ジュヴレ・シャンベルタン階級別 飲み比べ3本セット
  • ぶどう栽培の理想郷で造る100年品質 登美の丘ワイン3本セット
  • コート・ド・ボーヌを知る5本セット
  • スパークリングワイン5本セット
  • 世界のフレッシュ&フルーティ白ワイン厳選5本セット
  • ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ
  • トカイ特集
 

ジャパンプレミアム 岩垂原メルロ 2013

参考価格(税抜):¥8,000
web限定価格(税抜) ¥8,000
(税込¥8,640 )


数量
タイプ 【色】赤ワイン 【味わい】フルボディ
サイズ 750ml 
原産国 日本
ブドウ品種 メルロ

複雑で芳醇な香りと凝縮感のある味わい。2012年に続くグレートヴィンテージ」 

ジャパンプレミアム 岩垂原メルロ 2013

ワインの味わい(テイスティングコメント)

カシスなどの黒系果実や、ドライプルーンの香りと、樽由来のコーヒーの香りの中に、クローブ系のスパイス香も垣間見えます。
やわらかいアタック、中盤から果実の凝縮感や重厚なタンニン、樽の風味がバランスよく豊かに広がります。


ワインづくりの詳細

標高が700m以上あり冷涼な気候の岩垂原地区は、果実香豊かで、熟した果実味と凝縮した味わいのメルロを生み出します。
2013年は7〜8月が暑く、乾燥し、やや早めに成熟が進みました。9月後半からは気温が下がり、十分なアロマが果実に蓄積されました。果実データ、アロマ、種の成熟度を確認し、完熟を待って10月中旬に収穫。フレンチオーク樽にて熟成後、瓶詰めしています。2012年に続くグレートヴィンテージとなっております。1,728本限定です。


「岩垂原メルロ」に込めた想い

「ジャパンプレミアム産地シリーズ」は、日本を代表するワイン用ぶどうの産地で、熱意あるぶどう生産者と手を携えて、それぞれの産地の最適品種で、その土地の個性を引き出した日本ワイン。標高が約700m以上あり冷涼な気候で、何よりも水はけの良い岩垂原地区は、果実香豊かで、熟した果実味と凝縮したタンニンリッチな実りをもたらします。腐蝕に富んだ肥沃な桔梗ケ原と比較して、その分ワインに果実の自然な甘さややわらかさ、豊かで凝縮したボリューム感や余韻を感じるように思っています。そのような岩垂原の土地の特長をワインに引き出してあげるよう入念なワインづくりに取り組んでいます。


岩垂原(長野)での葡萄栽培について

長野県塩尻市岩垂原地区は桔梗ケ原地区よりもさらに北に位置し、標高も桔梗ケ原地区よりも数十m高く冷涼。表層は礫岩が多く、「岩垂原」の名が示す通り、岩がゴロゴロと存在。したがって、水はけは非常に良好です。


こだわりのディティール

日本ワインの紋章は、ぶどうの果実と葉をモチーフに日本の家紋をイメージにデザインされたものです。

※画像は過去のヴィンテージのものです

天然コルクに日本ワインの紋章入り。

お料理とともに

非常にボリューム感を感じる豊かな味わいで、上質なタンニン分のなめらかなテクスチャーですので、上質なお肉料理、たとえばフィレステーキなどに合わせていただきますと、それぞれの旨味が非常に引き立てあって、美味しく召し上がっていただけます。特にお塩でお肉の味わい自体のうまさを味わっていただく時などにぜひ合わせてみてください。


「ジャパンプレミアム 岩垂原メルロ」を
サーヴされる際・召し上がる際には

※画像は過去のヴィンテージのものです

しっかりとしたタンニン分リッチな赤ワインですので、冷やすと渋みが浮き立ちますので、常温か少しだけひんやり感じるくらいからお召し上がりください。

日本ワインで最も注目される「Japan Wine Competition(日本ワインコンクール) 2017」にて、欧州系品種・赤部門で「金賞」を受賞しました。


人気ランキング

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
TOP