今月の1本
  • ワインと人と響きあう
  • 在庫一掃!お客様感謝セール 第一弾イタリア編
  • 偉大なヴィンテージ2015年を愉しむボルドーワイン3本セット
  • ブルゴーニュ銘醸 コート・ド・ニュイを知る4本セット
  • 秘蔵のレゼルヴァワインから作られた歴史的コレクション
 

ジャパンプレミアム 塩尻メルロ 2013

参考価格:¥3,600
web限定価格 ¥3,600 ※税込¥3,888


数量
タイプ 【色】赤ワイン【味わい】ミディアムボディ
サイズ 750ml
原産国 日本
ブドウ品種 メルロ

「多くの要素がぎゅっと詰まっていますが、バランスがとれています」
サントリージャパンプレミアム 
塩尻メルロ 
2013

ワインの味わい(テイスティングコメント)

色はやや濃い赤紫色。赤い果実の香りや干した果実の香りが豊かに感じられます。また、わずかにしめった土のような香りも感じられるのはメルロ種の特長。さらに樽に由来するコーヒーやバニラの香りがバランス良く複雑さを増しています。口に含むとなめらかで、果実の自然な甘みや旨味が口あたりよく感じられます。中盤から後半にかけては樽由来の香ばしい風味となめらかなタンニンがバランスよく広がり、余韻まで上品な味わいが続きます。


ワインづくりの詳細

2013年の塩尻エリアは、7,8月が暑く、乾燥し、やや早めに成熟が進みました。9月後半から気温が下がり、アロマが果実に蓄積されました。
果実データ、アロマ、種の成熟度を確認して収穫を行い、きれいで豊かな香り、やわらかい渋みの質感のあるワインに仕上がりました。
2012年に引き続き、グレートヴィンテージです。


「塩尻メルロ」に込めた想い

 「ジャパンプレミアム産地シリーズ」は、日本を代表するワイン用ぶどうの産地で、熱意あるぶどう生産者と手を携えて、それぞれの産地の最適品種で、その土地の個性を引き出した日本ワインです。
ここ塩尻でサントリーは1936年からワイナリーを置き、長年地元の農家の方々とメルロに取り組んできました。
日本のメルロの銘醸地としての塩尻で我々は日本ワインの可能性を追求したいと考えています。
 


塩尻(長野)での葡萄栽培について

長野県でも「中信エリア」の塩尻市桔梗ケ原地区の北アルプスの裾野に標高約700mに位置し日照時間が長く、盆地になっているため昼は気温が上がりやすく、夜は急激に気温が下がります。
この1日の気温差が大きいのでぶどうの栽培に向いています。
表層は粘土質で、土の腐蝕が進んでいるため比較的肥沃な土壌でぶどうは果実の甘さや柔らかさを特長としています。


こだわりのディティール

日本ワインの紋章は、ぶどうの果実と葉をモチーフに日本の家紋をイメージにデザインされたものです

天然コルクに紋章入り

ぶどうの産地である長野県塩尻市の風景を日本らしく情緒的な木版画にしていただくために、詩人でもある木版画家のひらやまなみさんに描きおこしていただきました。
ぶどう畑を描いた味わい深い木版画にもご注目ください。

お料理とともに

ふくよかでやわらかい味わいの塩尻メルロには、たとえば、定番のフィレステーキはいかがでしょうか。サーロインやロースではないフィレ肉のしっとりしたやわらかな美味しさに塩尻メルロのやわらかな味わいが実にマッチすることと存じます。


「サントリージャパンプレミアム 塩尻メルロ」を
サーヴされる際・召し上がる際には

「赤ワインは常温で」とよく言われますが、それはヨーロッパでの話しです。高温多湿な日本では、特に気温が上がる頃は、ほんの少しひんやり感じる温度から飲み始めていただくのがよろしいかと存じます。
ただし、冷やしすぎるとタンニン分が際立ち渋みが立ってしまいますのでご留意ください。
もちろん、やわらかな香りを楽しんでいただくために、脚のついたワイングラスでお楽しみください。


日本ワインで最も注目される「Japan Wine Competition(日本ワインコンクール) 2017」にて、欧州系品種・赤部門で「銅賞」を受賞しました。



人気ランキング

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
TOP