• ワインと人と響きあう
  • 金賞受賞!ボルドープティシャトー5本セット第7弾
  • 在庫限りのスペシャルプライス! 秋のブルゴーニュワインフェア
  • 【10/14(土):18名限定】品種誕生90周年!マスカット・ベーリーAの収穫体験と岩の原葡萄園トップキュベ『ヘリテイジ』垂直テイスティング&限定ランチつきワイナリーツアー参加チケット
  • 東京開催【10/7(土):18名限定】 名店「アピシウス」で情野ソムリエと楽しむ 〜Bourguignon Night ブルゴーニュの夜会〜
  • 予約開始!ボジョレー・ヌーヴォー2017 イタリア新酒 日本新酒
  • 2015年入荷記念 情野ソムリエと楽しむ、ブルゴーニュの名門ブシャールテイスティング参加チケット
  • 独創的で芸術的なカルトワイン!ビービーグラーツプレゼントキャンペーン
  • サントリー日本ワイン「日本ワインコンクール2017」受賞ワイン
  • カリフォルニアの銘醸 パッツ&ホール 希少ワイン4本セット
  • 定番チーズとも相性抜群!フランス定番ワイン4本セット
 

登美の丘ワイナリー 登美 赤 2012

参考価格:¥12,000
web限定価格 ¥12,000 ※税込¥12,960


数量
タイプ 【色】赤ワイン 【味わい】フルボディ
サイズ 750ml 
原産国 日本
ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、プティ・ヴェルド、カベルネ・フラン

「柔らかいタンニンの口あたりと心地よい酸味、日本らしいしなやかな味わい」
 登美の丘ワイナリー最高峰の赤ワイン
 登美(赤)2012

※画像は2011ヴィンテージのものです


ワインの味わい(テイスティングコメント)

※画像は2011ヴィンテージのものです

ダークチェリー、ブラックベリー、ドライトマト、ホワイトペッパーなどの香りと、熟した果実由来の自然な甘さが華やかに感じられエレガントです。味わいはボリューム感があり緻密。豊かな果実味、質のよいタンニンと樽香がよくマッチし、バランスよく広がります。
2012年ヴィンテージは、この土地の特長であるやわらかさとやさしさ、繊細さと自然な甘さとともに、熟した黒系果実やスパイスを想わせ、重厚な凝縮感を兼ね備えた味わいです。
ゆっくりとした時間の中でじっくりと味わってあげたい、そんな格別の赤ワインです。


ワインづくりの詳細

2012年は、梅雨明けから10月収穫期に至るまで、例外的に乾燥、暑い天候が続き、高糖度で凝縮した健全な果実を得られた、稀に見るグレートヴィンテージです。
品種間のばらつきなく高品質なぶどうが収穫できたため、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロを中心とした品種構成でアッサンブラージュを行い、緻密でバランスの良いエレガントなワインに仕上げました。
「デレスタージュ(発酵中に果汁を違うタンクに完全に移してまた戻す)」を実施し、色やタンニンを効率的に強く引出し、稀に見る高品質なぶどうのポテンシャルを最大限発揮させることを目指しました。
品種構成は、カベルネ・ソーヴィニヨン53%、メルロ41%、プティ・ヴェルド5%、カベルネ・フラン1%の構成でアッサンブラージュを行い、「登美2012」として瓶詰めされたのは6,010本。
エレガントな香り。ボリューム感があり緻密な味わい。豊かな果実味がバランスよく広がります。

 


「登美」に込めた想い・「登美」のスタイル

自家ぶどう園の中でも最高品質のぶどうだけを使用した、登美の丘ワイナリー最高峰のワインが「登美」です。
高温で湿潤な日本の風土。自然が豊かで、時に脅威でもあるこの日本の気候と土地は、人が制御できるものではありません。人は自然を超えるものではありません。この登美の丘の風土と寄り添い、生かし、品種通して、土地の特長を表現していく、そんなワインづくりを私たちは目指しています。
そしてそのような中で、この登美の丘の持つ土地の個性を最大限引き出したスペシャルなワインを私たちは「登美」としています。具体的なイメージに言うなれば「緻密で、凝縮感のある、しなやかな強さ、やさしく、繊細で、やわらかさがあり、品種を通じてこの登美の丘の特長が表現されているワイン」
そうして、この日本の登美の丘の風土とのコミュニケーションからうまれた「登美」がグローバルな舞台で、そのオリジナリティーを感じていただき、世界の人たちと感動を共有できればと考えています。

※画像は2011ヴィンテージのものです


こだわりのディティール


 

 「登美」の墨文字を書いていただいたのは、有名な書家の荻野丹雪さん。ラベルは、和紙デザイナー堀木エリ子氏プロデュース。日本ワインらしく手漉きの越前和紙を使用しているのですが、1枚ずつ人の手で切り分けているので、サイドに和紙の繊維が出ているのがおわかりいただけると思います。機械でバッサリ裁断しては趣がなくなります。「登美」のもつやわらかさをラベルの質感にも。そんなところにこだわるというのは日本人の感覚でしょうか。


 

落款を押したように赤く書いている「元詰」という言葉。ワインならではの表現です。葡萄の栽培・醸造・瓶詰、さらに熟成までのワインづくりの全てを自らの手で行う場合に認められた表現です。
フランスで「Mis en bouteille au Château」とか「Mis en bouteille au Domaine」と書かれたワインを見た方もいらっしゃるでしょう。
それぞれ「シャトー元詰」「ドメーヌ元詰」という意味です。
「元詰」であることが確かな品質の証のひとつなのです。


 

※画像は2011ヴィンテージのものです

登って美しい丘の登美の丘ワイナリーの風景を心象的にコラージュしたイラストには、醸造棟やぶどう畑と登美の丘から臨む雄大な富士山が表現されています。

※画像は2011ヴィンテージのものです

登美のコルクの焼印には、ラベルと同じく「登美」という漢字を焼き付けています。コルクも長さが52mmとワイナリーで使用するものの中で最高峰のものを使用しています。漢字を大きくデザインしたコルクはレアだと思います。登美のコルクを抜いていただく時にそんなところにも気づいていただければ幸いです。

お料理とともに

合わせていただくお料理は、ぜひ格別なお料理をぜひお願いします。登美はワイナリーの最高峰の赤ワインですので、格別のステージをご用意いただきたく存じます。
上質な和牛のステーキ、ビーフシチュー。しゃぶしゃぶでもすき焼きでも、ちょっと格別なお肉を召し上がる際に合わせていただくのはいかがでしょう。


「登美(赤)」をサーヴされる際・召し上がる際には

※画像は2011ヴィンテージのものです

飲用時の温度は、少し低めの温度から徐々に香りが開く過程をじっくりお楽しみください。「飲むときの気温−4℃」という説もありますが、少しひんやりと感じるくらいでスタートして、ゆっくりと香りや味わいが開いていく過程をお楽しみください。それだけのポテンシャルを内在しているのが「登美」の魅力のひとつです。


「登美(赤)」の歴史

1986年にファーストヴィンテージである「登美1982」を世に送り出した当時から、登美の丘ワイナリーではここ登美の丘のフラッグシップワインとして「世界標準の最高峰の赤ワイン」を追い求めてきました。かつてのボルドースタイルを目指した頃に比べて、今、我々は、この土地でしか表現できないもの、この土地が表現されるべき味わい、自然のやらわかさや果実の甘さを感じさせるふくよかさ、凝縮感と緻密さ、しなやかさと優しさ、そんなイメージを「登美」として表現する見出すヒントをつかみつつあります。

2017年 日本ワインで最も注目される「Japan Wine Competition(日本ワインコンクール) 2017」にて、欧州系品種・赤部門で「金賞」および「部門最高賞」を受賞しました。
またフランスの権威ある国際ワインコンクール「Les Citadelles du vin(レ シタデル デュ ヴァン)2017」にて「銀賞」を受賞しました。


人気ランキング

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
TOP