今月の1本
  • ワインと人と響きあう
  • 世界が評価したチェザーリ家のアマローネ
  • サクラアワード 2018 審査員が語る受賞ワインの魅力
  • 偉大なヴィンテージ 2015年を愉しむボルドーワイン3本セット
  • 記憶に残る優良年 2015ブルゴーニュワイン3本セット
  • 熟成するボジョレー クリュ デュ ボジョレー 3本セット
  • ブルゴーニュ銘醸 コート・ド・ニュイを知る4本セット
  • 秘蔵のレゼルヴァワインから作られた歴史的コレクション
 

ラ ビエハ ボデガ カンポ デ ボルハ グランド レセルバ アルティガ フステル 1997

参考価格:¥2,825
web限定価格 ¥2,500 ※税込¥2,700

在庫あり

数量
タイプ 赤 フルボディ
サイズ 750ml 
原産国 スペイン カンポ・デ・ボルハ
ブドウ品種

D.O Campo de Borja カンポ デ ボルハ は、スペイン北部地方。エブロ川沿いにあり、北はナバーラに隣接する、丘の上の小さな村。モンカジョ山麓の土地で標高350m〜700mと傾斜があり、位置によって土壌も異なりますが、基盤は風通し、水はけの良い岩がちの土壌で、石灰分を多く含みます。
冬は大西洋の影響を受け、冷たく乾いた北西風を受けますが、夏は非常に高温。ローマ時代からのワイン造りが行われ、中世には修道院がワインづくりとその伝播を担ってきました。
現在、栽培面積の70%をガルナッチャが占め、収量を抑えたブドウ栽培、ワインづくりが行われ、その品質の高さから“El Imperio de la Garnacha”(ガルナッチャの帝国)とも称されている地域です。

「カンポ デ ボルハのパイオニア」リュベルテ家。
斬新なアプローチでスペイン各地から高品質かつコストパフォーマンスに優れるワインを世界に発信している、アルティガ フステル社との提携で、優れた長熟のポテンシャルを持ったワインを生み出しています。
1948年からワイン造りに携わり、1958年に植えられたガルナッチャは今も現地最古の樹として残っています。現在は長女スサーナ リュベルテとその夫フェリックスによって営まれています。
元々は約50Haの畑を所有し、バルクでワインを販売していましたが、一族のぶどう、そしてワインのポテンシャルを信じて、この地域のつくり手としては初めて瓶詰めして販売開始。畑も拡大し、現在は約250Haの畑を管理しています。




約500年前、16世紀に地元の農家がモンカジョ山をくりぬいて、ワインを保管した記録が残ってい
ますが、リュベルテ家とアルティガ フステル社はこのようなセラーを今もワインの保管に使っています。
この地域の夏の猛暑にも関わらず、年間を通して気温約14度、湿度も適度に保たれ、偉大なレセルバ、グランレセルバのワインの保管に向いている「ラ・ビエハ・ボデガ」は、「古いワイン貯蔵庫」を意味し、ワイナリーで所有するこの古いワイン貯蔵庫で10年、20年という時を越えてリリースされるのも、この天然のセラーに拠るところが大きく、このセラーに敬意を表した名前となっています。


カンポ・デ・ボルハ、モンカヨ山麓の、夏冬の寒暖差が激しい気候の下、ガルナッチャの古木と、比較的高標高の畑に育つカベルネ・ソーヴィニヨンを手摘みで、更に丹念に手作業で選果。
ステンレスタンクで低温下で醗酵、フレンチオークで36〜48ヶ月熟成、更に大樽に詰め替え、500年の歴史を誇るセラーで12〜24ヶ月以上熟成し、ボトリングしてリリース。


「La Vieja Bodega」は、「古いワイン貯蔵庫」を意味。ステンレスタンクで低温下で発酵、フレンチオークで48ヶ月熟成(新樽50%)、更に大樽に詰め替え、500年の歴史を誇るセラーで13年間の長きに渡り熟成させる。ボトリングしてさらに24ヶ月熟成し、リリース。果実由来の香りと、樽由来の香りがどちらも突出することなく絶妙なバランスで溶け合う。

【ブドウ品種】  
ガルナッチャ 60% カベルネ ソーヴィニヨン 40%







人気ランキング

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
TOP