• ワインと人と響きあう
  • 世界遺産ボルドーを極める周遊6ヶ月コース
  • ブルゴーニュワイン愛好家 垂涎の希少ドメーヌ ドメーヌ・フーリエ
  • ローストビーフの美味しさを広げる赤ワイン3本セット
  • 待望の新ヴィンテージとバックヴィンテージが入荷!プロヴィダンス
  • オーヴァチャー 「作品第一番」につながる上品でエレガントな「序章」
  • イタリアワインの王様 バローロを極める特別セミナー
  • シャトー・ラフィット・ロートシルトが当たるキャンペーン
 

ベルターニ/アマローネ・クラッシコ グラスセット(2006年/750ml x1本+グラスx2脚)

参考価格:¥14,300 
¥11,852 (web限定価格) ※税込¥12,800

残りあと20個

数量
タイプ
サイズ 750ml
原産国 イタリア
ブドウ品種
ベルターニ社の歴史

創業者のベルターニ兄弟は、ヴェローナがオーストリアに占領されていた、1850年から1857年の間、フランスのブルゴーニュ地方に亡命していました。当時のフランスは、世界で最もワイン造りの研究が進んでおり、 ベルターニ兄弟は農学博士のグイヨー氏に師事し、当時の最も先進的な畑の管理方法を学びました。
1857年、ベルターニ兄弟は、故郷ヴェローナに帰国し、培った知識と経験を基にベルターニ社を設立。そして1860年、当時では画期的な辛口ワイン『“セッコ・ベルターニ” ヴァルポリチェッラ・ヴァルパンテーナ』をリリースしました。

1868年、ベルターニ社はワインを、ヨーロッパ諸国だけでなく、アメリカへも輸出し始めました。その時、ベルターニ社が、世界にイタリアワインの品質の高さを証明する手段として、サヴォイア王家から、王家の紋章をワインボトルに記してもよいという許可を得ました。
今でもこの紋章は、“セッコ・ベルターニ”のラベルに記されています

イタリアで瓶にボトリングをしたのはこのベルターニ社が初。輸出をしたのもイタリア初、との事で、ヴェローナのというよりはイタリアを代表する高級ワイン生産者といえます。
ヴェローナで有名な3つのものとして【ロミオ&ジュリエット】【野外オペラ】と並んでこの【ベルターニ社】があげられるそうです。

ベルターニ社で最も歴史の長いワイン、“セッコ・ベルターニ”は発売当初のリパッソ工程を含まない製法へと生まれ変わりました。
これにより、D.O.C.規制に縛られず、より自由な醸造方法が可能となりました。
一方、近年人気が高まっている「リパッソワイン」のカテゴリーのトップを目指して、新たに『ヴァルポリチェッラ・リパッソ』を新発売することとなりました。

今回のセミナー開催を記念しまして、各評価本でも評価の高いアマローネ・クラッシコ2006とベルターニ社がアマローネに合うグラスとして選んだベルターニロゴ入りのオリジナルワイングラス2客をセットにした限定ボックスセットを販売いたします。

<ヴィンテージ情報> 2006年
春は例年並みの降雨量だったが、7月は全く雨が降らなかった。8月20日までは小雨が多く、ブドウ果実の成熟に理想的な状態だった。 収穫時期は良い天候に恵まれ、ブドウ果実は良好な健康状態にて完熟することができた。秋の気候も
よく、気温が低く霧の少なかった初冬のおかげで、ゆっくりとした良質なブドウ果実の陰干しを行うことができた。

<テイスティングコメント> ルビーがかったダークレッドの色調に、驚くほど濃厚な香り。ドライフルーツやプラムのノート。ベリーやフルーツコンポート、リコリス、チョコレート、紅茶の葉などのアロマが全面に出て、リッチなブーケに包まれていく。
複雑さと瑞々しさを強調する要素がたくさん詰まっているヴィンテージ。 口に含むと、好ましい酸、ヴェルヴェットのように柔らかいタンニン、濃厚さが感じられる。2006年は、近いうちに飲んでもずっと先に飲んでも、味わいを十分堪能できるヴィンテージだ。 

各評価本の最高評価を受賞しています。
・ガンベロ・ロッソ:3ビッキエリ
(1997ヴィンテージより、9年連続の最高評価受賞。2002ヴィンテージの製造はなし。)
・ビベンダ:5グラッポリ

ステファノ・マンジャロッティ氏による

ヴェネトの銘酒アマローネを知る

特別セミナーの様子はこちら

人気ランキング

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
TOP